観光に特化したハリウッドの墓地「Hollywood Forever Cemetery」で感動した話

2017.04.03 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

giyygu
「Hollywood Forever Cemetery」の敷地内で販売される著名人のお墓マップ片手に散策していると、親族じゃなくても胸が熱くなるようなお墓にたどり着きました。

 

著名人の眠る墓地「Hollywood Forever Cemetery」

お酒と音楽とおねーさん、そしてパンクロックを愛するナシオです。

今回は各界のセレブ達の集まるロサンゼルス・ハリウッドにある墓地、「Hollywood Forever Cemetary(ハリウッド記念墓地)」を紹介したいと思います。土地柄からか著名人が多く眠る一風変わった墓地の様子をお伝えします。

 

「Hollywood Forever Cemetary(ハリウッド記念墓地)」はハリウッドスターの手形や足形のある大通り、ハリウッドブルーバード沿いにあるメトロ・レッドラインのHollywood / Vine Station(ハリウッド / バイン駅)から歩いてておよそ25分の場所にあります。

 

ハリウッドの喧騒から離れた少し静かな場所に墓地はありました。
IMGP0048

 

ゲートを入って右手にある、お花とギフトを扱うお店で著名人のお墓MAPが売っています(5ドル)。
IMGP0125

お墓までもが観光地化されているのはハリウッドならではと言った感じです。

 

墓地の雰囲気は明るめ

地図を片手に散策開始です!
IMGP0049

 

アメリカだからかハリウッドだからなのか、日本のお墓よりも開放的な雰囲気です。
IMGP0086

 

墓地の一角には東南アジアの雰囲気が漂うエリアもありました。
IMGP0115

カンボジア?インドネシア? 墓地内でひと際目立つ風変わりなエリアでした。

 

デザインもサイズも様々なお墓を目にしました。
IMGP0060

 

美術館みたいな場所も

ある霊廟の中は美術館のような雰囲気です。
IMGP0079

 

整然と並んだ建物内部のお墓も何だかアーティスティックに見えてきます。
IMGP0108

 

セレブたちのお墓をチェック

一通り墓地内の散策を終えたので、有名人のお墓探しに行ってみました。まずは1939年公開のミュージカル映画、「オズの魔法使い」に出演した俳優犬「トト」のお墓です。犬と言えどもハリウッドスター!花に囲まれた綺麗なお墓です。
IMGP0075

 

ムービースターはあまり詳しくないので音楽好きの私はミュージシャンのお墓へ向かう事に。みなさんも一度は聞いた事のあると思う、「オーシャンゼリゼ」を歌ったジョー・ダッサンのお墓です。
IMGP0096

 

音楽家らしい置物のある可愛らしいお墓です。
IMGP0099

 

これはお墓なのか…?

お次は、伝説のパンクバンド「RAMONES(ラモーンズ)」のギタリストJohnny Ramone(ジョニー・ラモーン)のお墓です。
IMGP0061

 

どどーん! というかこれはお墓ですか!?格好良すぎませんか…?
IMGP0050

 

ちなみにこのジョニー・ラモーン、偉大なギタリストの一人なのです。

2003年、ローリング・ストーン誌選定の『歴史上最も偉大な100人のギタリスト』で第16位にランクされ、 2009年にはタイム誌選定の『10人の偉大のエレキギター奏者』の中の一人として取り上げられた。Wikipediaより

 

この少し背を傾けた感じも現役時代を彷彿させる彼のスタイルなのです。
IMGP0055 

ただの銅像で無くこれがお墓と言うのがまた格好良さを感じてしまうのは私だけでしょうか?ギター少年だった私からしたらかなり胸熱なお墓です(笑)

 

観光地としてのHollywood Forever Cemetary

ゲート付近ではハリウッドサインもバッチリ見えました。
IMGP0120

 

このHollywood Forever Cemetary(ハリウッド記念墓地)、墓地と言えど明るい雰囲気で、ちょっとお散歩するのにも良い場所のように思えました。

私と同じように地図を片手に散策する人の姿も見えたので、墓地の散歩も不謹慎な事でもないようです。

スターのお墓を探したりするもの良いでしょうし、運が良ければ胸熱な体験ができるかもしれません。

以上、ロスからナシオがお伝えしました!

 

ヒットするバナー


The following two tabs change content below.
ナシオ
1976年生まれのアラフォーバックパッカー。様々な職を経たのち深夜特急の世界に憧れ30歳から旅を始め、二度の長旅で20数か国を訪れた。40歳を目の前にし一時は落ち着く事も考えたが、現在は5年ぶりに海外に出て中南米旅のまっ最中。▶Blog ▶Facebook ▶Instagram  

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20