清められた感がスゴい…。バリ島の沐浴がもはや滝行だった(やり方も)

2016.05.31 11:14 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

th_DSC_0453

バリ・ヒンドゥーに基づく独特な生活が営まれるバリ島。川で水浴びをする程度の沐浴を想像していたら、予想外にハードな展開!それでもなんとか沐浴を完遂しました!

 

こんにちは!冒険女子アオノトモカです。

 

バリ人が信仰する「バリ・ヒンドゥー」とは?

インドネシアは世界最大のイスラム教国家ですが、バリ島では大半がバリ・ヒンドゥー教を信仰しています。

バリ・ヒンドゥーとは、バリ土着の信仰とインド仏教ヒンドゥー教が習合した信仰体系であり、バリの人びとの90%以上がこれにしたがった生活を送っている。(Wikipedia参照)

 

バリの人々はとても信心深く、彼らの生活はバリ・ヒンドゥーの宗教とともにあります。

各家庭にはガネーシャ像や小さな祠があり、毎日お祈りを欠かしません。

th_IMG_2599

 

バリ人に欠かせない沐浴を体験!

またバリの人々は独自のカレンダーを持ち、そのカレンダーに従って宗教行事を執り行います。そして、沐浴も大切なイベントのひとつ。

満月の日にはたくさんの人が身を清めるために沐浴に訪れます。私もバリ人に連れられて、沐浴に行ってきました!

沐浴ができる聖なる水場があるというお寺を目指して、竹が生い茂る道を下ります。

th_DSC_0488

 

最初に見えてきたのは、小さな祠と岩の間から湧き出る水です。辺りはとても静かで、水が流れる音しかしません。

th_DSC_0423

 

まずはここでお祈りをした後、さらに下ります。岩にこんな見事な彫刻が施されていてびっくり!

th_DSC_0432

 

中段にある祠で再びお祈りをします。

葉っぱと花びらで作られたお供え物を供えて、線香を焚き、祈りを捧げます。

th_DSC_0428

 

お供え物の数々が祠の前に並んでいます。バリ人の信仰深さが伺えます。

th_DSC_0486

 

さらに小さな滝。そしてよくよく見るとまた岩肌に顔が彫られています。見つけられますか?

自然の中に神が宿ると考える日本人の神道的宗教観と、どこか似たものを感じます。

th_DSC_0436

 

そして一番下まで下ると、川と小さな滝があり、そこに向かって再びお祈りをします。

th_DSC_0441

 

バリの沐浴がハードでびっくり

さて、全てのお祈りが済んだところで、いよいよ沐浴です!

この浅い川で沐浴するの……?と思ったら、奥を見てびっくり。

th_DSC_0448

 

沐浴…っていうか、滝行です。イメージとだいぶ違ったのでびっくりしました。

th_DSC_0453

 

滝に向かい合って数十秒間、背を向けて数十秒間、お祈りをします。

暖かいバリ島といえども、やっぱり山の湧き水は冷たく、水の圧力も強いのです。息が止まるかと思いました。

th_DSC_0474

 

沐浴が済んだら、再びお祈りをします。

th_DSC_0482

 

そして最後に、額とこめかみに生米をつけて終わり!

th_IMG_3037

沐浴が終わった後は、なんだか清々しい気分になりました。バリ・ヒンドゥーの神様から不思議なパワーをもらったかのような神聖な気分です。貴重な体験をさせてくれたバリ人に感謝です!

みなさんも、バリを訪れた際には、バリ・ヒンドゥーの神秘に触れてみてください。

 

バリで有名な沐浴スポット情報

ティルタエンプル寺院(クタエリアから車でおよそ2時間/ ウブドエリアから車でおよそ0.5時間)

スバトゥの沐浴場(ウブドから車で約40分)

プラ ティルタ スダマラ(体験記はこちら

 

2018rank


The following two tabs change content below.
アオノトモカ
神奈川県小田原市出身。国内外を旅するバックパッカー。趣味は寺修行。現在は青年海外協力隊としてフィリピンの田舎町で活動中。ディープなフィリピン情報をお届けします! HP:冒険女子 -Tomoka in Wanderlast- fbページ:青年海外協力隊日記by冒険女子 フィリピンの日常を4コマ漫画でお届けしています

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20