[びっくり食べ物]パナマの18禁のパンを買ってみた

2016.02.15 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

pan-mozaiku

左が女で右が男です。リアルすぎてエロ本を買う時とほぼ同じ羞恥心を味わいました笑

 

この世界を救うのは「エロ」と「笑い」だと信じています。

ライターの宮﨑大輔(@JIBURl)です。

「中米パナマ共和国に、アソコの形をしたエロいパンが売っているらしい」というウワサを耳にして居ても立っても居られなくなり、さっそくたしかめに行ってきました。

 

パナマにアソコのパンがあるらしい

パナマと聞くと日本人の90%は「パナマ運河」を思い浮かべるでしょう。

a3d68df1f315dc01249df4ca6b9d25a8

 

むしろパナマ運河しか印象にない国ですが、本当に「アソコの形をしたパン」なんていうエロくて面白い食べ物が売っているのでしょうか?

アソコの形をしたパンなんて、全然想像できませんよね(笑)

 

カエルだらけのパン屋「サンロケ」

さぁやってきました、ここがエロいパンが売っているとウワサのパン屋「サンロケ」です。

DSC_0049_6248

 

パナマ共和国・ベラグアス県・サンフランシスコ郡という超ド田舎の村にあります。

 

行き方
首都パナマシティからサンチアゴ(Santiago de Veraguas)までバスで4時間。そこからサンフランシスコ行きのバスに乗り換えて45分。

 

店内にはカエルのグッズが所狭しと並べられています。

「なんで、カエル?」と思った人もいるでしょうが、実はカエル(スペイン語でサポ)はスペイン語で「女性器を意味する隠語」なのです。

DSC_0011_6234

 

ここに子供には見せられないパンが売っているらしいので、子供が店に来る前にさっそく注文することにします。

 

「あのぉ、そのぉ、アソコの形をしたパンが売ってるって聞いて来たんですけど……」

「エッ、ナニ? 何が買いたいんだい?」

 

「あのぉ、アソコの形をしたパンはありますか? (ヤバイ、めっちゃ恥ずかしい)」

「あぁ~、アレが欲しいのねぇ (ニヤニヤ、クスクス)」

 

パンを買うだけなのに、エロ本を買う時とほぼ同じ羞恥心を味わいました。

 

アソコのパンがリアルすぎる

そして、お店の人が持って来てくれたパンがこちら。

見ての通り、完全に男性のアソコです(笑)

DSC_0018_6240

 

じっくりと自分のアソコと見比べてみます。

めっちゃリアルな形状をしています……

DSC_0031_6243

 

次は、先っぽからのアングル。

尿道まで見事な再現ぶりです。

DSC_0033_6244

 

タマタマも2個ついています。

白い粉は砂糖でした。

DSC_0047_6249

 

気になる裏側はこんな感じ。

完成度高すぎでしょ(笑)

DSC_0034_6245

 

ちなみにサイズはドドーン!と外国人サイズの極太。

さすが、ラテンアメリカのパナマですね。

DSC_0054_6252

 

 

アソコのパンを食べてみた

お口にくわえたくなってきたので、食べてみました。

先っぽをガブッ。

DSC_0057_6254 (1)

 

気になるお味はシナモン風味。

独特な香りがして、味は甘くて苦くて癖になる味です。

DSC_0059_6255

 

タマタマも食べましたが、なんだか股間がヒュンヒュンしてきました。

DSC_0050_6251

 

女性バージョンもある

パン屋サンロケには、女性バージョンのパンも売っていました。

DSC_0023_6241

 

男子高校生が見たら、鼻血を出しそうな形。

商品名は「パン・デ・サポ(直訳はカエルのパン、意訳は女性器のパン)」です。

DSC_0041_6246

 

細部まで手が込んでいて、パン職人の情熱を感じます。

味は男性バージョンと同じで、シナモン味です。

DSC_0048_6247

 

ごちそうさまでした。

ペロリと男性と女性のアソコの形をしたパンを平らげました。

 

パナマは運河だけじゃない

DSC_0045_6250

ウワサ通り、パナマ共和国には男性と女性のアソコの形をしたパンが売っていました!

パナマにはパナマ運河以外にも面白い場所があります。

まずは、エロくて面白いアソコのパンを食べてみてはいかがでしょうか?

 

参考リンク:【世界一エロい食べ物】海外の面白くて珍しい食べ物に挑戦!パナマの「世界で一番エロいパン」を食べてみた|JIBURi.com

 

cc-banner2


The following two tabs change content below.
宮﨑大輔
アジア・中南米・アフリカで働く海外農業コンサルタント、カメラマン、ライター、ブロガー。青年海外協力隊として中米パナマ共和国の無電化村で2年間野菜ビジネス支援をした後、フリーランサーとして世界中を旅しながら国際協力をしています。 Blog:jiburi.com

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20