【フエ→ダナン】日英夫婦チャリダー旅珍道中

2014.10.09 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9-DSC00643
イギリス人でトライアスロン選手の夫と、ふつうの日本人の妻によるアジア自転車旅行をお届けする、連載「日英夫婦チャリダー珍道中」。第一回はベトナムのハイヴァン峠を越えます。

 

自転車旅のスタートはベトナム

こんにちは。イギリス人トライアスロン選手の旦那(ジェームス)とアジアを自転車旅行しているアカネです。

旅のスタート地点はベトナムの古都、フエです。(ハノイからフエは夜行列車でスキップしました。詳細はこちら)

 

こちらが今回のルート(クリックすると拡大)です。フエから道中1泊し、2日間かけてダナンを目指します。
Screen Shot 2014-10-04 at 11.29.34 PM

 

フエからダナンのルートは国道AH1を通るのが一般的なのですが、今回の狙いは何と言っても海抜500mからの絶景が見えるハイヴァン峠を通ること!

ハイヴァン峠は、イギリスBBCの人気TV番組「Top Gear」で紹介されてから、一躍世界的に有名になった場所です。国道AH1のハイヴァントンネルが完成するまでは、フエとダナンを結ぶ唯一の道でした。

さすが、トライアスロン選手のジェームス、
「絶対に、ハイヴァン峠を自転車で通りたい!」
ということで、ダナンへは2日間かけてこのハイヴァン峠を抜けて行くことになりました。

 

この区間のダイジェスト動画はこちら
 

 

ツーリング用のインカム紹介

まず初めに、私たちが使っているインカムをご紹介します。
ツーリング中も夫婦でお互い会話をできるようにと、もともとモーターバイク用のインカムをジェームスが自転車でも使えるようこしらえてくれました。
スクリーンショット 2014-10-08 17.05.16

スクリーンショット 2014-10-08 17.08.16

 

道路に出ると、車やバイクのクラクション等の騒音がうるさいので、近くでも怒鳴らなければ会話できません。
このインカムは最長800mの距離対応で、とっても役に立ちました。
せっかくなので、道中の会話も交えながら、レポートさせて頂きたいと思います!

 

出発〜郊外へ

フエの街を出て、しばらく走ると郊外に出ました。郊外はお寺とお墓ばかりです。2-Screen Shot 2014-10-05 at 12.50.15 PM
 

 

ジェームス: ベトナムのお墓はすごくカラフルだね!イギリスのお墓の方が怖いな。
アカネ: 日本のお墓もね。でもきっとこっちの子供達は夜ここに来たら怖く感じるんだろうね…。
4-Screen Shot 2014-10-05 at 12.53.48 PM

 

1日300人に「Hello!」と言われる

もう一つの郊外の印象は…子供達ほぼみんなに「Hello!」と声をかけられること!
こちらも負けずと「Hello!」と言い続けましたが…なにせ人数が多いので、さすがにちょっと疲れてきました。。
photo 3 copy

 

ジェームス:  今日1日で、少なくとも300人にはHelloって言われたね。
アカネ: ベトナムの子供達はすっごくフレンドリーなんだね!

 

途中の街、ランコーのホテルで1泊

1日目はランコーという街のおじいさんがやっているホテルで宿泊しました。
photo 4 copy

 

agodaというインターネット予約サイトで事前決済で予約したものの、このホテルの人達、誰も英語を話さなければ、agodaのサイト自体を知らないとのこと!
やっとのこと、ジェームスがスマートフォンで「既にネットから支払いました」とベトナム語訳を検索して伝えたところ、いともあっさり「あぁ!そっかー!」と受け入れてくれました。

何だかよく分かりませんが、おそらく親族の誰かがagodaのサイトに掲載しているんだと思います。クーラー付きで一部屋1泊1,500円(1人750円)くらいでした。

 

絶景と称されるのハイヴァン峠

さて、翌日は朝からこのルートの目的であるハイヴァン峠を目指します!

 

正面に見えているこちらの山を登ります。標高500mの山の頂上まで、8%〜10%の勾配がおよそ13km程続く道程です。
photo

 

登り始めてから程なくすると、今回は立ち寄らなかったランコーのビーチが見えてきました。
photo copy

 

途中、たくさんの山羊に遭遇。かわいい!
6-DSC00615

 

どんどん登って行くと、今度は私達を抜かして行くトラックやバイクの人達が、みんな「Hello!」と行って通り過ぎて行きます。
郊外の子供達の時と同じだ…!
このフレンドリーさ、子供から大人に限らず、きっとこの国の国民性なんですね。

 

更に上を目指して、1番軽いギヤでちょっとずつ、ちょっとずつ、登って行きます。
ひたすら登り坂で、既にかなり疲れてきました。
10641245_10154855361645001_641630384262430117_n

 

アカネ: やばい、しんどすぎる…。
ジェームス: こういう登りは、体力じゃなくて精神力が全てだから。一つづつ、目の前のカーブを登り終えて行けば、最後は頂上に辿り着くよ、頑張れ!

 

…とうとう頂上が見えてきました!!
photo 1

 

Tシャツを絞れるほど汗びしょびしょになりながら、何とか頂上に到着!
photo 5

 

正直、選手でも何でもない私には、本当に、本当に!きつかったですが、インカムからのジェームズの言葉、隣を抜かして行くバイクやトラックの人からの声援、それから何よりも登って行くにつれて見えてくる山からの絶景に励まされて、何とか1回も自転車を押さずに、頂上まで辿り着くことができました!

 

下りは楽々〜!

峠を登りきった後のご褒美は、何と言ってもこのスイスイ快適な下り道!9-DSC00643

 

ジェームス: これでオレが何で自転車の山登りが好きか分かった?登る時は無心になって、悩みごととか余計なことを考える余裕がないくらい、自転車に集中できる。下る時は頑張った分だけ楽しみが返ってくるしね!
アカネ: ん〜、分かったけど、やっぱりしんどい!笑

 

ベトナム第4の都市、ダナンに到着

山を降りて少し走ると、海の向こうに目的地のダナンの街が見えてきました。

ハノイやフエと違い、高層ビルが多数あり、モダンな印象。ガイドブックによると、古くから国際貿易港として栄えた街ですが、現在はビーチリゾート開発が進められているそうです。
photo 3

 

2日間の自転車移動はここダナンにて一旦終了です!
数日間こちらの街に滞在し、これから更に南下して行く予定です。

 

それでは、さっそくビーチに行ってきまーす!
photo 2 copy

 

まとめビデオ
今回のハイヴァン峠のツーリングをまとめたビデオも作成しましたので、ぜひご覧下さい!

 

文:アカネ
写真:アカネ・ジェームス
ビデオ:ジェームス

 

2018rank


The following two tabs change content below.
アカネ
2014年9月よりイギリス人トライアスロン選手の夫とともに自転車で世界旅行に出ました。6年間の会社勤めを辞め、家も持ち物も全て引き払って、人生をリセット。この自転車旅行を通して、我々夫婦の新しい生き方を探しに行ってきます! ブログ:車輪の上からHello!

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20