UFJ銀行でのトラベラーズチェックの購入方法まとめ

現在、三菱東京UFJ銀行の口座を利用している編集部のLeeです。

UFJ銀行では、かつてトラベラーズチェックを購入できたため、特に海外旅行が初めての方は、現在でもトラベラーズチェックをUFJ銀行で購入しようと考えている人がいるかもしれません。

しかし、現在UFJ銀行でトラベラーズチェックを購入することはできません。

今回は、かつてUFJ銀行が行なっていたトラベラーズチェックのサービスを振り返るとともに、新たなお金の管理方法としておすすめのキャッシュパスポートも紹介します。

キャッシュパスポートの詳細はこちら

※現在UFJ銀行でトラベラーズチェックを購入することはできません

かつて私も、UFJ銀行ではありませんでしたが、別の銀行でトラベラーズチェックを購入したことがありました。

銀行ということで、信頼もあって安心だった記憶があります。

家の近所には、フランスフラン(当時)建てのトラベラーズチェックを取り扱っている銀行が多くありませんでしたが、少し街の方に足を延ばせば、多くのブランド、多くの通貨建てのトラベラーズチェックを購入できました。

しかし現在、UFJ銀行を含めて、全ての銀行においてトラベラーズチェックを購入することはできません。

UFJ銀行が取り扱っていたのは、アメックスのトラベラーズチェックでしたが、そのアメックスが、2014年3月31日をもって日本国内でのトラベラーズチェックの販売を終了したからです。

購入はできないものの、すでに購入済みのトラベラーズチェックに関しては、有効期限がありませんので、引き続き利用や換金ができます。

ただし、利用や換金が可能な店舗や銀行は、減少の一途をたどっていますので、トラベラーズチェックを持っている方は、早めに利用するか換金をしましょう。

代わりとしてはキャッシュパスポートがおすすめ

トラベラーズチェックがお金の管理方法として使えなくなった今、それに代わるお金の管理方法として考えられるのは、「クレジットカード」「国際キャッシュカード」「海外プリペイドカード」の3つでしょう。

その中で、私が特におススメするのが海外プリペイドカード、特に「キャッシュパスポート」です。

9つの通貨を常に両替可能

キャッシュパスポートをおススメする第1の理由、それは9つの通貨を常に両替可能な点です。

キャッシュパスポートは、以下の9つの通貨を常に両替可能としています。

・アメリカドル
・ユーロ
・イギリスポンド
・オーストラリアドル
・ニュージーランドドル
・カナダドル
・シンガポールドル
・香港ドル
・日本円

私が頻繁に行く旅行先はヨーロッパですので、関係してくるのはユーロとイギリスポンドです。

以前、フランスとイギリスの周遊をした時、ユーロとイギリスポンドのトラベラーズチェックを購入しようとしました。

ユーロのトラベラーズチェックは比較的多くの銀行で取り扱いがあるのですが、イギリスポンドのトラベラーズチェックは、なかなかありませんでした。

イギリスでの滞在予定期間もさほど長くないことから、結局イギリスポンドのトラベラーズチェックはあきらめて、現金で持って行ったことがあります。

一方、キャッシュパスポートならば、ユーロやイギリスポンドはもちろん、シンガポールドルや香港ドルも、在庫がないなんてことはありません。

しかも、トラベラーズチェックは銀行が営業していない時間に購入できませんが、キャッシュパスポートならば24時間365日いつでも、自分の好きなタイミングでチャージできます。

失くしてもスペアカードで安心

トラベラーズチェックがお金の管理方法として優秀だったのは、不正利用がしにくく、紛失・盗難の際の再発行も可能だった点です。

トラベラーズチェックを現地で利用・換金する際には、事前に行ったサインと同じサインを、お店のスタッフの目の前で行わないといけません。

しかもその際には、パスポートの提示も求められました。

私は、外国人にサインをまねられないように、筆記体ではなく漢字のサインをしました。

何枚ものトラベラーズチェックを換金するときでも、全てその場で1枚ずつサインをしなければなりません。

かなり面倒でしたが、それと引き換えに不正利用がほぼできない環境が生まれていたのです。

また万が一、トラベラーズチェックが紛失・盗難の被害に遭っても、トラベラーズチェックは再発行可能でした。

一方のキャッシュパスポートも、セキュリティでは負けていません。

ICチップと暗証番号で、スキミングや不正利用を防いでいます。

そして、キャッシュパスポートがトラベラーズチェックより優れている点は、紛失・盗難の際の利便性です。

トラベラーズチェックを再発行してもらっている間、当然再発行してもらっているトラベラーズチェックは利用できません。

それと比べてキャッシュパスポートには、メインカードとは別にスペアカードが発行されます。

メインカードが紛失・盗難の被害に遭っても、スペアカードがあれば引き続きショッピングや現地通貨の引き出しが可能です。

年齢制限・審査がない

そして、年齢制限や審査がないのも、キャッシュパスポートの大きなメリットです。

トラベラーズチェックを購入する際、特に年齢制限はありませんでした。

私が初めてトラベラーズチェックを購入したのは19歳の時でしたが、それでも問題なく購入できました。

キャッシュパスポートも年齢制限はありませんので、当時の私より年齢の低い中学生や高校生でも、持つことができます。

また、以前、海外旅行1か月前くらいに、新規でクレジットカードを申し込みました。

いわゆる「銀行系」のクレジットカードで、審査難易度はかなり高かったのですが、案の定、審査落ちしてしまいました。

本当はクレジットカードの2枚持ちをしたかったのですが、これによって1枚のみで海外旅行に行くという、不安な旅立ちとなってしまったのです。

クレジットカードと異なり、キャッシュパスポートは借金をするわけではないので、審査がありません。

申し込めば確実に、お金の管理方法として使えます。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

UFJ銀行のトラベラーズチェックの概要表

※現在、UFJ銀行含め国内でトラベラーズチェックを購入することはできません。

ここでは、UFJ銀行におけるトラベラーズチェックの概要を表にしてまとめました。

購入可能な通貨

7通貨

ブランド

アメックス

ばら売り

可能

発行手数料

1

購入可能な場所

外貨取扱支店
外貨自動両替機
外貨両替ショップ
空港出張所
テレフォンバンキング
FAX

UFJ銀行でのトラベラーズチェック購入方法

UFJ銀行でのトラベラーズチェックの購入方法は、さほど難しくありません。

購入通貨と購入金額を伝えて現金を支払えば、トラベラーズチェックを購入できます。

ただし、外貨自動両替機はUFJ銀行のキャッシュカードを持っていないと利用できません。

外貨自動両替機を利用した際の代金支払いは、銀行口座から自動で引き落とされます。

UFJ銀行でトラベラーズチェックを購入する時の注意点

営業時間に注意

UFJ銀行の窓口の営業時間は、他の銀行と同様に、平日9時~15時です。

それ以外の時間は、窓口が閉まってしまうためトラベラーズチェックの購入ができません。

外貨自動両替機や空港出張所はそれよりも長く営業しており、外貨両替ショップも平日19時半まで、土日祝日も営業している店舗があります。

購入可能なブランドはアメックスのみ

UFJ銀行で購入可能なトラベラーズチェックのブランドは、アメックスのみです。

イギリスはトーマスクックの本拠地なため、トーマスクックのトラベラーズチェック(マスターカードブランド)の通用率が高いですが、UFJ銀行では購入できません。

宅配は行っていない

UFJ銀行では、テレフォンバンキングやFAXといった方法でも購入の受付をしています。

普通でしたら、注文を受けたら宅配してくれると考えてしまいますが、UFJ銀行にはそのようなサービスがありません。

テレフォンバンキングやFAXは、あくまでも購入予約だけであり、実際に購入するのは空港にあるUFJ銀行の出張所のみです。

しかも、3日前までに申し込まないといけません。

関連記事

成田空港でのトラベラーズチェックの購入方法まとめ

トラベラーズチェック11種比較してみた

トラベラーズチェックは本当にお得なのか?

トラベラーズチェックのメリットまとめ

トラベラーズチェックの銀行での購入方法まとめ

トラベラーズチェックとは?