アメックスのトラベラーズチェックとは?

ステータスの高いアメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードが持てない代わりに、トラベラーズチェックだけはせめてアメックスブランドにしていた編集部のLeeです。

私と同じような考えで、アメックスのトラベラーズチェックを購入しようと考えて、購入できる場所を知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、アメックスを含め、全てのトラベラーズチェックは日本国内で購入することができません。

そこでこの記事では、トラベラーズチェックの代わりの手段となりうる「キャッシュパスポート」の紹介をするとともに、アメックスのトラベラーズチェックについて徹底的に解説をしましょう。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

※アメックスのトラベラーズチェックは販売終了しました

2014年3月31日、アメックスは日本国内におけるトラベラーズチェックの販売を終了しました。

銀行などでの窓口販売はもちろん、通信販売でのトラベラーズチェックの購入も、これに伴い不可能となったのです。

ただし、今持っているアメックスのトラベラーズチェックについては、現地で利用可能なのはもちろんのこと、現地で使わなければ日本国内の一部店舗で換金できます。

代わりとしてはキャッシュパスポートがおすすめ

アメックスのトラベラーズチェックは、セキュリティもしっかりとしていたので、お金の管理方法としてはベストでした。

幸いなことに、私はトラベラーズチェックの紛失・盗難の被害はありませんでしたが、アメックスブランドというだけでどこか安心したものです。

そんなアメックスのトラベラーズチェックに頼れない現在、その代わりとなるお金の管理方法としておすすめなのが、「キャッシュパスポート」です。

キャッシュパスポートとは、海外専用のプリペイドカードで、チャージ(入金)した金額すか使えません。

キャッシュパスポートには、以下のようなメリットがあります。

ATMで現金を引き出せる

アメックスのトラベラーズチェックを現地で換金するには、銀行や両替所の窓口に行かなければなりません。

銀行窓口が混雑するのは世界共通のようで、特に現地の銀行窓口の混雑具合は半端ではありません。

私も別件で現地の銀行窓口へ行ったのですが、呼び出されるまで30分以上かかりました。

空港の両替所も、到着便が重なる時間帯には長蛇の列ができています。

一方、キャッシュパスポートはATMから現地通貨を引き出すことができます。

ATMは、空港や街中など至る所にあり、しかも混雑していません。

貴重な観光の時間も無駄になりませんね。

1枚に9通貨をチャージできる

1998年、イギリス・フランス・ドイツを周遊したとき、アメックスのトラベラーズチェックもイギリスポンド・フランスフラン・ドイツマルクの3つの通貨建てで持って行きました。

それぞれ3万円程度の額面で、合計すると札束並みの厚みだったのを覚えています。

一方、キャッシュパスポートは1枚にアメリカドル、ユーロ、イギリスポンドなど9通貨をチャージしておくことができます。

お財布の中が非常にスリムです。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

アメックスのトラベラーズチェックとは?

そもそもアメックスとは?

今でこそ、ステータスの高いクレジットカードで有名なアメックス(アメリカン・エキスプレス)ですが、1850年に創設された当初は、荷馬車によって荷物を運ぶ運送業者でした。

1882年に郵便為替業務に参入したのを機に、金融業に本格的に進出をし、1891年には、トーマスクック社に次いでトラベラーズチェックの発行も開始しました。

世界各国にアメックスの事務所が開設されており、1917年には日本にも事務所が開設されました。

1958年、磁気ストライプによるクレジットカードの発行を開始、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどのステータスカードの発行も、アメックスが世界初です。

アメックスのトラベラーズチェックとは?

アメックスのトラベラーズチェックは、購入可能な通貨が多いのが特徴でした。

最終的には、以下の8通貨を発行していました。

・アメリカドル
・ユーロ
・カナダドル
・イギリスポンド
・スイスフラン
・オーストラリアドル
・日本円
・中国人民元

しかし、単一通貨「ユーロ」誕生前には、フランスフランやドイツマルク建てのトラベラーズチェックも発行していました。

日本円は基軸通貨であるため、世界中の多くの国で両替可能です。

2006年にアフリカのモロッコを訪れた際は、アメックスの日本円建てのトラベラーズチェックが大活躍しました。

アメックスのトラベラーズチェックの紛失・盗難の際には、24時間年中無休で対応しているリファンド(再発行)センターに連絡をすれば、再発行も可能です。

アメックスのトラベラーズチェックはどこで購入できる?

アメックスのトラベラーズチェックは、以下の店舗で購入できました。

・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行
・ワールドカレンシーショップ
・トラベレックス
・シティバンク
・JTB
・日本旅行
・トップツアー
・主要国際空港(成田・羽田・関西・中部・新千歳・広島・福岡など)に設置されている銀行の窓口

セシールや外貨両替所では、窓口販売のほかにも、電話やFAX、インターネットによる通信販売でも、トラベラーズチェックを購入できました。

アメックスのトラベラーズチェック購入にあたっての注意点

アメックスのトラベラーズチェックを購入する際には、以下の点に注意が必要でした。

在庫にばらつきがある

アメックスのトラベラーズチェックを購入する店舗や購入する通貨によって、在庫にばらつきがあります。

多くの利用客が訪れる店舗やアメリカドルなどのメジャー通貨は、在庫が豊富にあるので即日購入ができる可能性が高いです。

しかし、利用客が少ない店舗やマイナー通貨のトラベラーズチェックは、在庫もさほど多くないので、取り寄せとなり日数を要する場合もあります。

発行手数料がかかる

アメックスのトラベラーズチェックを購入する際には、購入額面の1%相当額の発行手数料がかかります。

購入する際には、多めの現金を持参しましょう。

購入したらすぐにサインを

アメックスのトラベラーズチェックを購入したら、すぐにサインをしましょう。

2か所サイン欄があるので、そのうちの上部にサインをします。

使用時に下部にサインをするのですが、欄を間違えても大丈夫です。

ただし、上下両方の欄にサインを事前にした、両方の欄にサインをしなかった状態で紛失・盗難の被害に遭っても、再発行はしてもらえません。

購入したトラベラーズチェックの番号を控える

購入したら、アメックスのトラベラーズチェックの番号を控えましょう。

券面右上に番号が書かれていますので、それを控えておきます。

トラベラーズチェックを紛失・盗難の被害に遭った際に、再発行のためには未使用のトラベラーズチェック番号が必要となるからです。

トラベラーズチェックを使用したら、使用済みの番号を消すと管理がしやすいです。

購入契約書も大切に持参する

アメックスのトラベラーズチェックを再発行してもらうためには、未使用のトラベラーズチェック番号とともに、「パーチェス・アグリーメント」(購入契約書)も必要となります。

買物のレシートはいつも捨ててしまう方も、トラベラーズチェックの購入契約書だけは捨てずに、旅行の際は肌身離さず持っておいてください。

もちろん、トラベラーズチェックとは別のところで保管をしてください。

私は、トラベラーズチェックはポーチに入れ、番号リストと購入契約書は旅行用腹巻に入れておきました。

関連記事

トラベラーズチェックの種類3つまとめ

UFJ銀行でのトラベラーズチェックの購入方法まとめ

海外プリペイドカードはトラベラーズチェックの後継に最適

ハワイにトラベラーズチェックを持っていくのをおすすめしない理由

トラベラーズチェックとは?

海外旅行でトラベラーズチェックは必要なのか?