空港でのトラベラーズチェックの購入方法まとめ

海外旅行に行く際は、空港に出発2時間前までに到着して、手続きを済ませたら思う存分空港施設を楽しむことにしている、編集部のLeeです。

「空港でトラベラーズチェックを購入すればいいや」と考えている人もいるかもしれませんが、現在、日本国内の空港でトラベラーズチェックを購入することはできません。

「じゃあ、海外でのお金の管理はどうすればいいの」と考えるでしょうが、海外プリペイドカードの「キャッシュパスポート」がおすすめです。

今回はキャッシュパスポートのおすすめポイントを紹介するとともに、かつては可能だった空港でのトラベラーズチェック購入について紹介します。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

※現在空港でトラベラーズチェックを購入することはできません

2014年3月31日、アメリカン・エキスプレスが日本国内でのトラベラーズチェック販売を廃止したのをもって、日本国内ではトラベラーズチェックを購入できなくなりました。

私も以前はトラベラーズチェックを愛用していたので、このニュースには驚いたものです。

現在、空港はもちろん街中の銀行や郵便局でもトラベラーズチェックを購入することはできません。

トラベラーズチェックの現地での利用や日本国内での取扱店舗における換金は、引き続き可能ですが、取扱店舗が少なくなっているため、特に日本国内での換金は早めに行なった方がいいでしょう。

代わりとしてはキャッシュパスポートがおすすめ

トラベラーズチェックは、自分のサインをしないと利用できない、紛失・盗難の被害に遭っても再発行が可能など、セキュリティ機能が極めて高いものでした。

私も、以前フランスでトラベラーズチェックの換金を行なった際に、窓口のオバちゃんが(パスポートの写真と見比べて)こちらを凝視しているので、「本人確認がしっかりとしているのかな」と思ったほどです。

そんなトラベラーズチェックに代わるお金の管理方法として、キャッシュパスポートをおススメします。

キャッシュパスポートには、以下のようなメリットがあるからです。

家族によるチャージも可能

海外旅行で思ったよりも羽目を外して、チャージしておいたプリペイドカードの残高がなくなった経験、ありませんか?

自分名義のインターネットバンキング口座があれば、現地でのスマホ操作でキャッシュパスポートへのチャージができますが、ネットバンキングの口座がないとできません。

そんなとき、キャッシュパスポートは日本にいる家族が代理人として、チャージをすることができるのです。

送金手段としても使えますし、思う存分旅行を楽しめますね。

出発直前の申込でも間に合う

クレジットカードの新規申込をしても、審査も含めてカードが手元に届くまで、3~4週間はかかります。

出発間際に何かカードがほしいと思っても、これでは間に合いません。

キャッシュパスポートはインターネットから申し込めば、約1週間でカードが発行されます。

出発まで10日を切った状態でも、キャッシュパスポートならばぎりぎり間に合いそうです。

残高を清算できる

旅行から帰ってきて余った現地通貨、どうしていますか?

次の旅行のためにそのままにしておいてもいいですが、清算したい人もいるでしょう。

通常、プリペイドカードは一度チャージすると、チャージ金額を清算することはできませんが、キャッシュパスポートならばそれが可能です。

清算には手数料(税別500円)がかかりますが、この方法ならば、次回の旅行にキャッシュパスポートに再びチャージをすれば、すぐに利用できます。

スペアカードでお金のやりくりに困らない

トラベラーズチェックは、万が一紛失や盗難の被害に遭っても、再発行が可能です。

ただし、再発行のためには未使用のトラベラーズチェック番号を控えておく必要があり、購入の際に渡される購入契約書も必要となります。

再発行がされるまでの間、もちろんトラベラーズチェックを使うことはできませんので、お金のやりくりに困ってしまいますね。

一方のキャッシュパスポートは、カード発送時に本カードとスペアカードの2枚が送られてきます。

万が一本カードが紛失・盗難の被害に遭っても、スペアカードが無事ならばスペアカードを使って、ショッピングや現地通貨の引き出しを続行することができます。

もちろん、本カードは利用停止となりますので、不正利用の心配もありません。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

空港でのトラベラーズチェック購入可能店舗

※現在、国内の空港でトラベラーズチェックを購入することはできません。

ここでは、日本国内でトラベラーズチェックを購入できた空港と空港内の銀行を紹介します。

国際線の発着がある空港ならば、ほとんどの空港でトラベラーズチェックの購入が可能でした。

地方銀行は、基本的にその地域の空港に出店していますが、都市銀行やトラベレックスは、全国の国際空港に出店しています。

店名

手数料

三井住友銀行

1

みずほ銀行

1+1000

三菱東京UFJ銀行

1

トラベレックス

1

北洋銀行(北海道)

1

広島銀行

1

沖縄銀行

1

空港でのトラベラーズチェックの購入方法

空港でのトラベラーズチェックの購入方法は、基本的に街中の店舗と変わりありません。

購入したいトラベラーズチェックの通貨と金額を記入して、窓口の人に渡します。

お金を支払うと、トラベラーズチェックが渡されますので、その場でホルダーズ・サイン(所有者の署名)をしておきましょう。

トラベラーズチェックに1枚1枚サインをするのは非常に面倒ですが、忘れないうちに行っておきましょう。

トラベラーズチェックは再発行が可能ですが、2か所あるサイン欄の両方にサインがされている、逆に2か所のいずれにもサインがされていない場合には、再発行がされないからです。

空港でトラベラーズチェックを購入する時の注意点

空港でトラベラーズチェックを購入する際には、いくつか注意点があります。

時間に余裕を持って購入しよう

空港内の銀行や両替所で購入できるトラベラーズチェックですが、空港内の銀行や両替所は、出発便や到着便が重なると非常に混雑します。

トラベラーズチェックを購入しようとしたが時間がなく結局買えなかったのならまだしも、時間がなくて飛行機に乗り遅れたのでは、元も子もありません。

私も、空港の銀行で現金を両替したことがありますが、出発便のピークだったため、30分以上待たされました。

空港でトラベラーズチェックを購入する際には、時間に余裕を持ちましょう。

お目当てのトラベラーズチェックがない場合もある

これは空港内の銀行や両替所に限った話ではありませんが、空港内の銀行や両替所では、トラベラーズチェックを全種類取り扱っているわけではありません。

銀行や両替所の店舗によって、アメックスしか取り扱っていなかったり、トーマスクックのマスターカードしか取り扱っていなかったりします。

また、同じ店舗内でもアメリカドルはVISA、ユーロはマスターカードなど、トラベラーズチェックの通貨によって取り扱いブランドが異なります。

空港内店舗はレートや手数料が高い場合も

同じ店舗や両替所でも、街中にあるか空港にあるかによって、適用レートや手数料が異なります。

一般的には、空港内店舗はレートが悪く手数料も多く取る傾向があるので、できるだけ少ないコストでトラベラーズチェックを購入したい人は、できるだけ街中の店舗で購入しましょう。

時間がないなどの理由で、空港でトラベラーズチェックを購入する場合も、最小限にとどめておきましょう。

関連記事

トラベラーズチェックの作り方まとめ

トラベラーズチェックの種類3つまとめ

トラベラーズチェックは海外でまだ使えるのか?

ハワイにトラベラーズチェックを持っていくのをおすすめしない理由

UFJ銀行でのトラベラーズチェックの購入方法まとめ

トラベラーズチェックとは?