ニュージーランドの世界一急な坂「ボールドウィンストリート」を登ってみた

2018.01.18 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2447

世界一急な坂道として知られる、ニュージーランド・ダニーデンの「ボールドウィンストリート」(Baldwin Street)のてっぺんまで登ってきました。

 

世界一急な道「ボールドウィンストリート」

こんにちは、ニュージーランドでワーホリ中のジョーです。

今回はニュージーランドの南島第二の都市、ダニーデンにある世界一急な道「ボールドウィンストリート」についてご紹介します。

 

ボールドウィン・ストリート(Baldwin Street)は、ニュージーランド南部の都市ダニーデン郊外の住宅地にある街路(ストリート)。

最大勾配は35%で、ギネスブックに「世界一急な街路」(the steepest street in the world)として認定されている。

Wikipedia「ボールドウィン・ストリート」より。

 

ボールドウィンストリートは世界一急というくらいなので、どのくらい急なのかやや詳しめにご説明します。

 

最大勾配は35%(傾斜角19°)、1:2.86(2.86m進むごとに高さが1m上がる割合)。

この最大勾配区間が実に70.6mにわたって続くのがボールドウィン・ストリートの特色である。

街路全体でも、ノースロードから分岐する海抜30mの地点から頂上の海抜100m地点まで高低差が70mあり、平均勾配は20%を超えている。

Wikipedia「ボールドウィン・ストリート」より。

 

うーん、イマイチ凄さが伝わってこない……と思ったのはきっとアナタだけではありません。

ボールドウィンストリートがどのくらい凄まじい坂なのかを見るべく、実際に行ってきました。

 

ボールドウィンストリートへの行き方

 

ボールドウィンストリートへは、ダニーデン市内から徒歩で1時間。

バスの場合はオクタゴン(Octagon)からバス9番を利用し、ノースロード(North Road)で下車。

30分ほどで到着します。

ニュージーランドのバスは基本的に「Next stop is〜(次のバス停は〜)」とアナウンスがないので、不安であれば運転手にここで降ろしてほしい、と伝えれば確実です!

 

到着早々、目の前に広がるのは「壁」

ボールドウィンストリートに到着すると、壁のようにそびえ立つ坂が視界に入ります。

IMG_2439

 

ご覧の通り、ボールドウィンストリートの道路沿いには家が建っています。

普段の生活で毎日この坂を往復している人も恐らくいるでしょう。

ちなみにボールドウィンストリートの「ボールドウィン(Baldwin)」は、かつてこの土地を分譲した人名が由来になっています。

 

上るときは道路だけでなく脇に階段もあります。

1513679621208 (1)

 

ボールドウィンストリートでは、道路を歩いた方が、より世界一の勾配を体感できるかと思います。

 

ボールドウィンストリートは体感でどのくらい急なのか

垂直に立っているはずの電柱とツーショットをしてみました。

IMG_2447

 

決して猫背なのではなく、前かがみにならないと後ろに倒れそうなくらい急でした。

 

しばらく上っていると、この坂を上ってくる車がやって来ました!!

IMG_2443

 

冬にこの道が凍結した時のことを考えるとゾッとします…。

 

ボールドウィンストリートの坂の頂へ

上り始めて10分弱でようやく坂の頂上へ!

坂を上りきると、ボールドウィンストリートをイメージしたイラストが描かれたベンチと水飲み場があります。

IMG_2440

 

俗に言うインスタ映えスポットですね! もちろん僕も記念撮影しました。

1513683651890

 

ボールドウィンストリートの上からの景色

記念撮影を終えて、上ってきた道を振り返って一休みします。

IMG_2441

 

あいにくの天候ですが、スキー場にいるかのような眺めです。

余談ですが、ニュージーランド人は傘をささないと言われています。

ボールドウィンストリートを訪れた日は雨でしたが、傘をさしている人は僕のような観光客ばかりでした。

 

ニュージーランドのマイナー観光ならボールドウィンストリートへ

1513683651890

 

ニュージーランドにお越しの際はボールドウィンストリートへ是非!

このようなアートだけでなく、ダニーデン空港からの道中では羊も見られますよ!笑

 

2018rank


脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20