キューバはもういいと言った理由【嫁の観察日記 @世界一周】

2016.03.06 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

DSC_8077

旅で培ったたくましさでキューバを満喫しているように見えた嫁でしたが…他の国ではなかったある出来事に心を痛めていたのでした…。

 

こんにちは。夫婦で世界一周しております旅人 草 -tabibito sou-(旦那)です。他人の嫁を通して世界一周しようという心意気ではじまった連載・嫁の観察日記も第11回目になります。

最大の強敵と考えていた中南米に飛んできました。

連載バックナンバーはこちら

 

嫁が調べた情報のみでキューバへ

一旦メキシコに入った僕らは次の行き先をキューバに決めました。僕がメキシコで風邪をこじらせている数日間に、嫁は旅人などから毎日情報収集を行ってくれていました。
こんなにも何も知らないで次の国に行くのは初めてでしたが、旅慣れた嫁を全面的に信用し、いざ社会主義国キューバに飛びます。そこで嫁が見たキューバの風景は・・・。

 

 

通称キューバは、カリブ海の大アンティル諸島に位置するラテンアメリカの共和制国家である。アメリカ大陸で初めて成立した社会主義政権にちなみ、「カリブに浮かぶ赤い島」と形容されることもある。
Wikipediaより引用

 

2015年10月22日の嫁 @ハバナ

DSC_7959

スペイン語は全く出来ない僕らでしたが、空港で偶然出会った心強い仲間とともにキューバを回れることになりました。
交渉しないといけないタクシーも、スペイン語ペラペラなドイツ人のお陰で安く乗れちゃいます。しかもこんなおしゃれなクラシックカーです。

 

情報を制しドヤ顔の嫁

6BB21760-9798-4BE4-8316-0FE1B7DB1230

旅も終盤になりつつあった僕らは、日本に送ってしまいたい物が多くありました。嫁が事前に手に入れていた情報では、ハバナの郵便局からなんと1kgが1USDで日本へ送れてしまうというのです。あまりの安さに半信半疑でしたが、届いたと後日連絡がありました。よくやったぞ嫁。

 

2015年10月23日の嫁 @ビニャーレス​

DSC_8042

得した情報第2弾。キューバには観光客用通貨と現地人用通貨の2種類が存在します。しかし、観光客用は両替所で現地人用に交換でき、その通貨を使うとこんなソフトクリームが1つ約4円で食べれるという情報も嫁のメモにはバッチリ記載されていました。嫁のドヤ顔が今でも忘れられません!

 

好奇心に素直になってきた嫁

旅慣れてきた嫁は、僕が想像もしなかったことをするようになってきました。

 

2015年10月23日の嫁 @ビニャーレス​

DSC_8077

タバコは吸うのはもちろん、匂いも大嫌いと言っていた嫁が、自ら進んで葉巻にチャレンジしました。

 

DSC_8078

・・・まぁ結果はこうなりますよね。
(二度と吸うことはなかったです)

 

DSC_8163

乗馬体験では馬の名前を呼び愛情を注ぐ嫁、それに応えるかのように馬も嫁の言うことを聞き、常にペースをコントロール。
対して僕の馬は常に集団の後方に位置し、ガイドにもっと早くしろと鞭で叩かれてしまう始末…。
乗馬で嫁に負けるとは…。

 

節約に燃える嫁

2015年10月25日の嫁 @シエンフエーゴス

DSC_8191

「節約、節約」が口癖になった嫁。都市間の移動は、観光客向けの長距離移動バス(ビアスール)ではなく外人旅行者とタクシーをシェアすることで安く抑えられるようになりました。

これも嫁の事前情報があってこそでした。本当に何も知らない僕は嫁に付いていくだけ。
周りの旅人には”ダメ旦那”呼ばわれてましたね。

 

2015年10月28日の嫁 @トリニダード

DSC_8274

キューバに行ったなら一度はチャレンジしたいのがカミオン。家畜車を人が乗れるように改造したトラックの様な乗り物です。
カミオンは他の交通に比べ半額以下なので、数円でも節約に燃える嫁は、当然乗ろうと試みますが、現地で情報が錯綜し7時間奔走した挙句、結局乗ることが出来ませんでした。
タクシーに乗り込む嫁は本当に悔しそうでした。

 

笑顔の裏に秘めた複雑な思い

2015年10月27日の嫁 @トリニダード

DSC_8226

現地の人にも人気の嫁。

 

・・・しかし最終日に嫁が言った「もうキューバは来なくてもいいかな」という一言にびっくりしました。

DSC_8236

キューバ人は明るい人も多い反面、道端で一日に何度も浴びせられる罵声(差別の言葉)や、からかいに心を痛めていたようです。

「何度でも戻りたい」という旅人も多いキューバで「もう二度と行きたくない国の一つ」とまで言った嫁。出会った人によって国の印象はガラリと変わってしまうと感じた一言でした。

 

キューバでの経験も踏まえ、旅人としてまた成長したように感じた嫁。
中南米の旅でどうなっていくのか、最後までお楽しみください。

 

 

ヒットするバナー


The following two tabs change content below.
旅人 草-tabibito sou-
元理学療法士と元幼稚園教諭の二人。ともに仕事を辞め世界に飛び出します。世界一周が初のバックパッカーとなる二人のちぐはぐ・デコボコな旅…。ホテルだけでなく、人の家、カウチサーフィンやWWOOFなどを利用するちょっと変わった新婚旅行をお伝えします。 ブログ:tabibitosou.com fbページ:旅人 草 -tabibito sou-

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20