VISAで海外旅行におすすめのクレジットカードはこれだ!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-11-14-40-26

こんにちは!これまでにアジア、アフリカ、ヨーロッパへの渡航経験、そしてフランスへの留学経験がある編集部のLeeです。
海外旅行には必ず、VISAのクレジットカードを持って行きます。

クレジットカードにもさまざまな種類がありますが、中でも最も有名なのは「VISA」ブランドではないでしょうか。
しかし、あまりに発行されているVISAブランドのクレジットカードが多すぎて、海外旅行にどれを持って行けばいいか、選ぶに選べない人も多いと思います。

そこで今回は、VISAの幅広いネットワークを解説するとともに、VISAブランドでおすすめの海外旅行向きのクレジットカードを2枚紹介します。

VISAのクレジットカードはどんな国・地域で使える?

主な国際クレジットカードブランドは、世界各地で広く使えるようになっていますが、中でもVISAのクレジットカードは、幅広いネットワークを構築しています。
VISAのネットワークは世界200以上の国と地域、加盟店数は非公開ですが、全世界で4000万店を超え、会員数は約20億人とされています。世界で使えない国や地域はほとんどないと言っても過言ではありません。
日本国内の発行枚数ではJCBに次ぐ2番手ですが、日本国内の加盟店数はJCBとほぼ肩を並べています。

海外旅行で VISAのクレジットカードを持つメリット

①VISAなら海外で容易にキャッシングができる

クレジットカードはショッピングのみならず、キャッシングでも利用可能です。特に、クレジットカードが使えないお店では現金が威力を発揮します。
両替所で現地通貨を手に入れてもいいのですが、営業時間がさほど長くなく、しかも観光地以外にはあまり両替所がありません。

一方、クレジットカードを使ったキャッシングは、現地の銀行ATMを使って行います。
現地の銀行ATMは大都市では至る所にあり、小さな街でも大抵あります。しかも、稼働時間が両替所よりも長いので、より遅い時間のキャッシングも可能です。
VISAでは「PLUS」というキャッシングネットワークを構築しており、「VISA」もしくは「PLUS」マークのステッカーが貼られているATM(世界260万台以上)ならば、手持ちのクレジットカードで現地通貨をキャッシングできます。

②VISAなら使えるお店が多い

以前モロッコに行ったとき、買い物でJCBカードを出したら、よく分からない顔をされた挙句、「使えない」と言われたことがありました。
そのお店はJCBの加盟店ではありませんでしたし、お店の人はそもそもJCBがクレジットカードのブランドであることも知らなかったようです。

しかし、「VISA」のマークがついたカードを出せば、世界中の誰しもが「これはクレジットカードだ」と認識してくれるでしょう。海外に行くと、JCBのステッカーが貼っていないお店でも、VISAのステッカーは必ずと言っていいほど貼ってあります。

③VISAならではの優待やサービスがある

VISAカードを持っていると、世界中で様々な優待やサービスを受けられます。
ハワイでは人気ショッピングセンターで特典優待を受けられ、グアムの免税店では5~15%引きでお買い物ができます。
タイでは高級スパリゾートをVISA優待料金で利用できるほか、ヨーロッパではミュンヘン、ロンドン、パリ、ミラノで「優待ガイド」を発行しています。
VISAのクレジットカードで支払うと割引やプレゼントなどの特典があるのです。

海外旅行におすすめのVISAのクレジットカードその1
「三井住友VISAクラシックカードA」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-13-24-55

日本で最初にVISAカードを発行したのは、現在の「三井住友カード」です。
三井住友VISAカードの中でも、海外旅行に行く人におすすめのクレジットカードが「三井住友VISAクラシックカードA」です。

・三井住友VISAクラシックカードAの概要

・年会費:税別1500円(初年度無料、翌年度以降も条件を満たせば無料)
・申込条件:高校生以外の18歳以上
・旅行傷害保険:最高2500万円
・付帯カード:家族カード、ETCカード、iD、VisapayWaveなど
・ポイント還元率:0.5%

・三井住友VISAクラシックカードAの特徴

①条件付きで年会費無料
三井住友VISAクラシックカードAは、初年度の年会費が無料ですが、2年目以降も条件を満たせば年会費がかかりません。
その条件とは、「年1回カードショッピング」「マイ・ペイすリボ登録」の2つです。
マイ・ペイすリボとは、毎月の返済金額が一定金額になるリボ払いのサービスです。リボ払いには金利手数料がかかりますが、全額支払うように設定すれば金利手数料は支払う必要がありません。

②海外旅行保険のスペックが高い
「三井住友VISAクラシックカードA」とは別に、「三井住友VISAクラシックカード」があります。
両者の違いは、海外旅行保険の充実ぶりです。

「三井住友VISAクラシックカード」は「三井住友VISAクラシックカードA」より年会費が250円ほど安く、旅行傷害保険は利用付帯です。旅行代金をカード払いしないと保険が適用されませんが、「三井住友VISAクラシックカードA」は、一部補償を除いて自動付帯です。
海外旅行保険の補償内容も、以下の表のように異なります。

 

クラシック

クラシックA

傷害死亡・後遺障害

2000万円

300万円(自動付帯)

1700万円(利用付帯)

傷害治療

50万円

100万円

疾病治療

50万円

100万円

賠償責任

2000万円

2500万円

携行品損害

15万円

20万円

救援者費用

100万円

150万円

加えて、「三井住友VISAクラシックカードA」には国内旅行傷害保険も付帯しており、傷害死亡・後遺障害で最高2000万円が補償されます。

③写真入りクレジットカードも選べる
「三井住友VISAクラシックカードA」は、追加費用なしで顔写真入りのクレジットカード発行も選択できます。
万が一カードを紛失したり盗難されたりしても、カードを手にした人による不正利用の防止に役立ちます。

>三井住友VISAカードの公式サイトへ進む

海外旅行におすすめのVISAのクレジットカードその2
「楽天カード」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-15-42-04

インターネットショッピングで有名な楽天グループのクレジットカード、それが「楽天カード」です。
楽天カードには、VISAの他に、マスター、JCBも選択できます。

・楽天カードの概要

・年会費:無料
・申込条件:高校生以外の18歳以上で日本在住の方
・旅行傷害保険:最高2000万円
・付帯カード:家族カード、ETCカードなど
・ポイント還元率:1%

・楽天カードの特徴

①年会費完全無料ながら海外旅行保険が付帯
楽天カードは年会費が完全無料ながら、海外旅行傷害保険が付帯しています。
利用付帯の条件付きですが、以下のように補償内容はなかなか充実しています。

傷害死亡・後遺障害

2000万円

傷害治療

200万円

疾病治療

200万円

賠償責任

2000万円

携行品損害

20万円

救援者費用

200万円

特に注目なのが、「傷害治療」「疾病治療」です。
年会費が1500円かかる三井住友VISAクラシックカードAでも、傷害治療・疾病治療はそれぞれ100万円なのに対して、楽天カードは利用付帯ながら200万円です。
海外の医療費は場所によっては100万円以上普通にかかりますので、100万円の差は大きいです。

②不正利用対策も
ポイントばかりが強調される楽天カードですが、クレジットカードの不正利用対策もなかなかしっかりしています。

・カード利用お知らせメール

海外ではカード端末の不正操作により、不当請求をするお店もあるようです。
楽天カードでは、最短でカード利用の翌日には、利用日と金額が記載された利用お知らせメールを配信します。
最短で2日後には、利用先や請求予定月、支払方法も加わった詳細なメールが送られてきますので、万が一の不正利用もすぐに発見できます。

・ネット不正あんしん制度

スキミングなどで楽天カードの情報を不正に取得され、万が一インターネット上で不正利用されても、「ネット不正あんしん制度」があれば安心です。
万が一不正利用されても、調査の上全額補償されるのです。

>楽天カードの公式サイトへ進む

海外旅行にはVISAのクレジットカードを持って行くのがおすすめ

いかがでしょうか?
VISAカードは使える場所が多いだけでなく、優待やサービスも充実しています。クレジットカードの種類が多い分、海外旅行向きのクレジットカードもゴロゴロしています。
世界中で利用可能なVISAカードは、最低でも1枚は持っておきたいものですね。

はじめてクレジットカードを作る人へ


はじめてクレジットカードを
作る人に、
編集長がおすすめするなら、

三井住友VISAクラッシックカードA

入会資格 高校生を除く満18歳以上の方
年会費 税別1,500
ネット申し込みで初年度無料
/2年目以降も条件次第で無料
旅行保険 最高2,500万円(国内海外共に/自動付帯)
カード利用枠 10〜80万円
還元率 0.5%

三井住友カードと言えば、
日本人の6人に1人が持っている
定番クレジットカード。

僕もはじめてのクレジットカード
で作り今でも愛用しています。

年会費無料で持てるのに、
保険が自動付帯なのが
嬉しい。

何より、
最王手のVISA発行会社の
信頼感・ブランド力は、
はじめての1枚に最適です!

公式サイトはこちら