【徹底分析】楽天プレミアムカードの海外旅行保険はアリなのか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-13-12-47

編集部Lee

編集部Lee
結論から言うと、楽天プレミアムカードの海外旅行保険は自動付帯、疾病・傷害300万円、キャッシュレス診療と充実しています。

別で保険に入る必要はほぼない内容だと言えるでしょう

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の充実度

充実度

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の充実度は4です。

家族特約(家族にも保険が適用される)がないので星1つマイナスです。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の補償内容

項目 内容
付帯条件 自動付帯(一部利用付帯)
キャッシュレス診療 あり
家族特約 なし
死亡・後遺障害 5000万円(利用付帯1000万円)
傷害治療(ケガ) 300万円(自動付帯)
疾病治療(病気) 300万円(自動付帯)
賠償責任 3000万円(自動付帯)
携行品損害 50万円(利用付帯20万円)
救援者費用 200万円(自動付帯)
ロストバゲージ保険 なし
航空機遅延保険 なし
ショッピング保険 最高 300 万円(自己負担3000円)

自動付帯…カードを持っているだけで保険が適用
利用付帯…旅行代金をカードで支払ってはじめて保険が適用
キャッシュレス診療…現地病院で治療費を建て替える必要なし。後から保険会社が支払っておいてくれる
家族特約…家族にも保険が適用される

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の解説

まず前提として、楽天プレミアムカードの海外旅行保険は「自動付帯」です。

クレジットカードの海外旅行保険は、旅行代金をカードで支払わなくても保険が適用される「自動付帯」を選ぶのが鉄板です。

次に、統計的に最も利用する可能性の高い傷害・疾病治療(病気・ケガ)の金額も重視すべきです。

楽天プレミアムカードは傷害治療・疾病治療が300万円とクレジットカード付帯の海外旅行保険の中ではトップクラスです。

また、現地で治療費を建て替える必要がないキャッシュレス診療かどうかも重要ですが、楽天プレミアムカードの海外旅行保険にはキャッシュレス診療がついています。

以上の理由から楽天プレミアムカードの海外旅行保険は充実した内容であると言えます。

海外旅行は楽天プレミアムカードの保険だけでOK

では、楽天プレミアムカードの海外旅行保険があれば、具体的に海外旅行でどんなメリットがあるのかをご紹介します。

海外旅行の際には保険に加入していく人もいるかと思いますが、はっきり言って楽天プレミアムカードがあれば別途海外旅行保険に加入する必要はないです。

それくらい、楽天プレミアムカードの海外旅行保険の補償でカバーできる範囲は広いということです。

海外旅行で病気・ケガに遭っても安心

前述しましたが、海外旅行保険で最も重視すべきは傷害・疾病治療です。

これは、以下のデータ(ジェイアイ傷害火災調べ)からも明らかで、1位の傷害・疾病治療と2位携行品損害以外の項目は、ほとんど利用することがない補償と言えます。

個人的には傷害・疾病治療と携行品損害以外はスルーしています笑

楽天プレミアムカードの海外旅行保険では傷害・疾病治療にそれぞれ300万円、携行品損害も50万円とどちらも十分な金額が補償されます。

僕の経験から言うと、いくら海外の医療費が高いとはいえ傷害・疾病治療で300万円以上かかることはほぼないと思います。

病院で医療費を立て替える必要なし

また、楽天プレミアムカードの海外旅行保険はキャッシュレス診療ですが、これもかなり心強いです。

キャッシュレス診療とは、現地病院を支払いなしで受診できる制度です。

キャッシュレス診療ではない海外旅行保険の場合、いったんは医療費を自分で立て替えないといけません。

現金にせよカード払いにせよ、体が万全ではない中、海外で高額な医療費を工面するのは大変です。

治療費を支払うとその後の旅行で使えるお金も減ってしまいます…。

しかし、キャッシュレス診療ならお金の心配をせず、治療だけに専念できるのです。

保険で浮いたお金で贅沢しよう!

別で楽天プレミアムカードの海外旅行保険と同じような補償内容の保険に入ると数千円〜数万円はかかります。

旅行前の慌ただしい中、別で海外旅行保険に加入するのも面倒です。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は自動付帯なので、文字どおり持っているだけで充実した海外旅行保険が手に入るのです。

慣れない海外では体調を壊しやすくなりますし、盗難などのリスクも高まります。

かといって「別で海外旅行保険に入るのは勿体無い…」と思う人にとって楽天プレミアムカードの海外旅行保険は最適です。

保険で浮いたお金で海外旅行でちょっと贅沢しちゃいましょう!

楽天プレミアムカード公式サイトで申し込む

↑今なら1万5千円分プレゼント↑

家族にも保険が適用されるクレジットカードをお探しの方へ

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は充実した内容なのですが、あえてデメリットを挙げるなら家族特約がないこと。

家族特約とは家族にも保険が適用されるサービス(補償額は多少少なくなる)。

年会費が楽天プレミアムカードと同じ(10800円)で家族特約がついたクレジットカードであれば、三井住友VISAゴールドカードがオススメです。

ちなみに補償額は楽天プレミアムカードと似ていますが、さらにグレードアップという感じです!

三井住友カード公式サイトで詳細を見る

↑なんと初年度年会費無料↑

プライオリティパスが無料取得できる楽天プレミアムカードは海外旅行保険も充実!

海外旅行に頻繁に行く人におすすめのクレジットカードとして、「楽天プレミアムカード」があります。

その最大のメリットは、何といっても「プライオリティパス」無料でゲットできること。
プライオリティパスとは、海外の空港ラウンジを利用できるパスのことです。

通常は4万円程度かかるプライオリティパスの年会費が、年会費税別1万円の楽天プレミアムカードを持っていれば、無料でゲットできるのですから、かなりお得です。

ただし、楽天プレミアムカードのメリットはプライオリティパスだけではありません。

万が一の時に補償してくれる海外旅行保険も充実しているのです。

今回は、楽天プレミアムカードに付帯している充実の海外旅行保険を徹底的に解説します。

クレジットカードの付帯海外旅行保険で重視すべき項目4つ

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードは、楽天プレミアムカードにも何枚もありますが、付帯している海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ際には、以下の4つの項目を重視して選ぶといいでしょう。

1 付帯条件

クレジットカードに付帯している海外旅行保険には、自動付帯と利用付帯があります。

クレジットカードで旅行代金を支払わなくても保険がついてくるのを「自動付帯」、旅行代金をクレジットカード払いしないと保険がつかないのを「利用付帯」といいます。

全ての旅行代理店などでクレジットカード払いできるとは限らないので、自動付帯のクレジットカードの方がいいですね。

2 疾病・傷害金額

海外旅行保険を比較するとき、補償金額は非常に重要です。

比較の際、どうしても「最高1億円」などという文言に注目しがちですが、海外旅行保険で最高金額の対象となっているのは、「死亡・後遺障害」「賠償責任」のいずれかです。

どちらも頻繁に利用する補償ではなく、海外旅行保険の比較をする際には、頻繁に利用する可能性が高い「傷害治療」「疾病治療」の金額を重視するといいでしょう。

3 キャッシュレス診療

当たり前ですが、病気やけがなどで入院すると、病院に治療費を支払わなければなりません。

海外の治療費は日本とは比較にならないほど高額で、100万円以上かかるケースも珍しくありません。

100万円もかかっては現金払いができませんし、病院がクレジットカード払いに対応していなければカード払いもできません。

そんなときに役に立つのが、海外旅行保険の「キャッシュレス診療」です。

海外旅行保険の引受保険会社が、病院に直接治療費を支払ってくれるので、利用者は治療に専念できます。

4 携行品損害

「疾病治療」「傷害治療」と並んで、海外旅行保険で利用頻度が高いのが、「携行品損害」です。

海外旅行中にカメラや宝石などが盗難や破損の被害に遭った際に、その被害金額を補償してくれる保険です。

携行品損害にも、自動付帯と利用付帯の条件がある場合があります。

また、携行品損害の補償金額は、年間の補償金額が目立って書かれていますが、1事故当たりの補償金額の上限も定められていますので、そちらも合わせて比較しましょう。

楽天プレミアムカードは嬉しい「自動付帯」

以上の4つの項目を見ていった場合、楽天プレミアムカードは4つの条件を見事に満たすのでしょうか。

まずは、自動付帯について見ていきましょう。

利用付帯で補償金額がさらにアップする

補償内容 保険金額
死亡・後遺障害 5000万円(利用付帯1000万円)
傷害治療 300万円(自動付帯)
疾病治療 300万円(自動付帯)
賠償責任 3000万円(自動付帯)
携行品損害 50万円(利用付帯20万円)
救援者費用 200万円(自動付帯)

海外旅行保険が自動付帯か利用付帯かについてですが、楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、基本的に自動付帯です。

ただし、死亡・後遺障害に関しては自動付帯分が4000万円、利用付帯分が1000万円となっており、携行品損害も自動付帯分が30万円、利用付帯分が20万円となっており、旅行代金をクレジットカード払いするとさらに補償金額がアップする仕組みとなっています。

とはいえ、自動付帯分のみでも特に問題はありません。

楽天プレミアムカードは「傷害・疾病/携行品損害」の額が充実

次に、海外旅行保険の中で重視すべき「疾病治療」「傷害治療」「携行品損害」について見ていきましょう。

特に「疾病治療」「傷害治療」の補償金額が多い

「疾病治療」「傷害治療」「携行品損害」の補償金額は、以下のようになっています。

傷害治療 300万円(自動付帯)
疾病治療 300万円(自動付帯)
携行品損害 50万円(利用付帯20万円)

他の年会費が無料かつ海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードと比較すると、楽天プレミアムカードは特に疾病・傷害治療の補償金額の多さに驚くことでしょう

補償の対象が幅広い

楽天プレミアムカードの海外旅行保険の「海外旅行傷害保険ガイド」を見てみると、以下のように補償の範囲がとても広い(疾病治療の場合)ことが分かります。

・医師の診察費、処理費及び手術費
・医師の処置及び処方による薬剤費、治療剤両義、医療器具使用料
・義手及び義足の修理費
・職業看護婦費
・遠隔地または満床などやむを得ない事情によりホテルなどの宿泊施設内で治療を受けたときの客室料金
・緊急移送費用
・入院や通院のための交通費
・移転費用
・治療に必要な通訳の費用
・ツアー日程に復帰するための交通費及び宿泊費
・直接帰国するための交通費及び宿泊費
・会員入院による国際電話などの通信費
・会員入院による身の回りの品購入費(上限5万円)

緊急移送費用などは、クレジットカードによっては補償の対象外となる場合もあります。
楽天プレミアムカードは、様々なケースで補償を可能にしています。

楽天プレミアムカードは嬉しい「キャッシュレス診療」

楽天プレミアムカードには、キャッシュレス診療がついています。

海外旅行中に、万が一病気やけがで治療を受ける際でも、現金の心配をする必要がありません。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険を引き受けているのは、「三井住友海上」ですので、三井住友海上が治療を受けている病院に医療費を支払うこととなります。

なお、キャッシュレス診療を希望する際には、楽天プレミアムカードの提示を忘れないでください。

三井住友海上への連絡は、世界各地で日本語での対応を行っており、通話料無料のダイヤルを開設しています。

万が一の緊急医療アシスタンスサービスも

医療施設への移送や現地への医師の緊急派遣、本国への送還や医薬品類の緊急手配などを希望する際には、三井住友海上の緊急医療アシスタンスサービスも利用可能です。

24時間365日通話料無料のフリーダイヤルを開設しており、日本語で対応しています。

サービス費用についてですが、海外旅行保険で補償される金額までは保険金として精算しますので、会員の自己負担は一切ありません。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険のメリット・デメリット


最後に、もう少し踏み込んで楽天プレミアムカードの海外旅行保険を分析してみたいと思います。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険のメリット・デメリット

おさらいの意味でももう一度、楽天プレミアムカードの海外旅行保険のメリット・デメリットをおさらいしてみましょう。

メリット デメリット
自動付帯
キャッシュレス診療
傷害・疾病治療が300万円と充実
家族特約がない
ロストバゲージ保険がない
航空機遅延保険がない

上記のデメリットはあくまで、楽天プレミアムカードの海外旅行保険をその他のゴールドカードの海外旅行保険と比較した上でのものです。

一般的なクレジットカードと比べると、楽天プレミアムカードの海外旅行保険はかなり充実しています(年会費がそれなりなので当然と言えば当然ですが)。

ロストバゲージ保険・航空機遅延保険がついた一般的なクレジットカードはありますが、家族特約はなくて当たり前です。

それでも、年会費1万円の楽天プレミアムカードであれば、家族特約はともかくロストバゲージ保険・航空機遅延保険がついていてもおかしくはないとは思いますが…。

楽天プレミアムカード・三井住友ゴールドカード海外旅行保険比較

では、楽天プレミアムカードと年会費が同じ1万円の三井住友VISAゴールドカードと海外旅行保険の内容を比較してみましょう。

項目 楽天プレミアム 三井住友ゴールド
付帯条件 自動付帯
(一部利用付帯)
自動付帯
(一部利用付帯)
キャッシュレス診療 あり あり
家族特約 なし あり
死亡・後遺障害 5000万円
(利用付帯1000万円)
5000万円
(利用付帯4000万円)
傷害治療(ケガ) 300万円
(自動付帯)
300万円
(自動付帯)
疾病治療(病気) 300万円
(自動付帯)
300万円
(自動付帯)
賠償責任 3000万円
(自動付帯)
5000万円
(自動付帯)
携行品損害 50万円
(利用付帯20万円)
50万円
(自動付帯)
救援者費用 200万円
(自動付帯)
500万円
(自動付帯)
ロストバゲージ保険 なし なし
航空機遅延保険 なし なし
ショッピング保険 最高 300 万円
(自己負担3000円)
年間300万円まで

ご覧の通り、楽天プレミアムカードと三井住友VISAゴールドカードの海外旅行保険の内容はかなり似ています。

大きく違うのは三井住友VISAゴールドカードには家族特約があるところ。

三井住友VISAゴールドカードでは家族にも以下の補償が適用になります。

補償内容

家族特約

傷害死亡・後遺障害

自動付帯:1,000万円
利用付帯:なし

傷害治療

200万円

疾病治療

200万円

賠償責任

2,000万円

携行品損害

50万円

救援者費用

200万円

家族特約がある分、三井住友VISAゴールドカードの海外旅行保険は楽天プレミアムカードより充実していると言えます。

ただし、家族特約がない代わりに、楽天プレミアムカードにはプライオリティパスがあります。

家族特約とプライオリティパスどちらを選ぶかは人それぞれですよね。

三井住友カード公式サイトで詳細を見る

↑なんと初年度年会費無料↑

プライオリティパスがもらえて海外旅行保険が充実=旅行者に選ばれるカード

楽天プレミアムカードは、一般的なゴールドカード並の補償金額を誇る海外旅行保険が自動付帯となっています。

確かに家族特約はありませんが、一般的なゴールドカードと比べて補償の対象となる範囲が広いので、幅広いシーンで活躍することでしょう。

さらに、プライオリティパスの最上級会員に無料で登録できるのは、他のゴールドカードにはないメリットです。

その他にも、世界38の拠点にある現地トラベルデスクで、レストランやオプショナルツアーの手配、現地観光情報などの案内も行なっており、海外旅行に行く人にとってはこの上ないカードとなっています。

楽天プレミアムカードの基本情報

楽天プレミアムカード
年会費 10,800円
年会費
(家族会員)
540円
入会資格 原則として20歳以上の安定収入のある方
海外旅行保険 最高5000万円(疾病・傷害300万円/自動付帯)
国内旅行保険 最高5000万円(自動付帯)
利用可能額 最高300万円
ポイント還元率 1%
プライオリティパス 無料取得
その他特典 楽天プレミアム(年会費3,900円)1年間無料
楽天Edy500円分プレゼント
ETCカード(年会費540円)永年無料
発行まで 約1週間
審査難易度

公式サイトで申し込む

↑今なら1万5千円分プレゼント↑

はじめてクレジットカードを作る人へ


はじめてクレジットカードを
作る人に、
編集長がおすすめするなら、

三井住友VISAクラッシックカードA

入会資格 高校生を除く満18歳以上の方
年会費 税別1,500
ネット申し込みで初年度無料
/2年目以降も条件次第で無料
旅行保険 最高2,500万円(国内海外共に/自動付帯)
カード利用枠 10〜80万円
還元率 0.5%

三井住友カードと言えば、
日本人の6人に1人が持っている
定番クレジットカード。

僕もはじめてのクレジットカード
で作り今でも愛用しています。

年会費無料で持てるのに、
保険が自動付帯なのが
嬉しい。

何より、
最王手のVISA発行会社の
信頼感・ブランド力は、
はじめての1枚に最適です!

公式サイトはこちら