グローバルWiFiの羽田でのレンタル(受け取り・返却)まとめ

グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像1
by Hide1228

編集部コスギ

編集部コスギ
海外出張でグローバルWiFiを愛用している編集部のコスギです。

羽田空港には計4か所、受取・返却カウンターがあるので便利ですよ!

羽田空港でグローバルWiFiを受け取るためのWEB申し込みの期限は前日の15時までです。

グローバルWiF公式サイトはこちら

↑こちらからの申し込みで受渡手数料540円無料&総額5%OFF↑

羽田空港のグローバルWiFiの受取・返却カウンター一覧

カウンター名
/営業時間
受取 返却
到着ロビー(2F)受取・返却カウンター
(6:30 〜23:45)
出発ロビー(3F)JAL ABC カウンター
(23:45 〜 6:30)
×
到着ロビー(2F)受取ロッカー
(5:30-15:00)
(18:00-23:00)
×
到着ロビー(2F)JAL ABC カウンター
(23:45 〜 6:30)
×

グローバルWiFiの羽田での受取→返却の流れ

  1. 公式サイトから申し込む/支払い(クレジットカードの場合)
  2. 羽田のカウンターでWiFiを受け取る
  3. 羽田のカウンターでWiFiを返却する/支払い(コンビニ・郵便局・銀行払いの場合)

プランは速度は「4G」、容量は「通常」でOK

申し込み時に迷うとすればプランでしょう。

グローバルWiFiでは「速度」「容量」を選ぶことになりますが、一般的な使い方(ネット閲覧、SNS、メール等)であれば、以下のように選択するのをオススメします。

  • 速度→4G
  • 容量→通常(大容量、超大容量などの表記がないもの)

複数人で一つのWiFiルーターをレンタルする人は「大容量」or「超大容量」を選ぶのをオススメします。

「安心補償」に入りたくない場合

もう一つ、申し込み時に「オプション」の項目で「安心補償」を選択しなければなりませんが入りたくない場合、下記画像のように「オーダー型」を選択し、「安心補償パック」で「加入しない」を選択すれば追加料金はかかりません。

今なら受渡手数料540円が無料&総額5%OFF

グローバルWiFiでは今なら、WEB申し込みで受渡手数料540円が無料に!

さらに、各国通信料金が200円/日値下げ&総額5%OFFのキャンペーン中。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-15-25-14グローバルWiFIをキャンペーン特典で申し込む

※グローバル WiFiは安心の定額制
高額請求の心配なし!

グローバルWiFiの羽田空港の受取カウンター詳細

羽田空港の受け取りカウンターは次のようになっています。

空港の見取り図で出発ロビーとの位置関係を見ておくと、わかりやすいですよ。

受取カウンター1

2階 国際線ターミナル到着ロビー
受取・返却カウンター
営業時間:6:30 〜23:45
グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像4
グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像5

受取カウンター2(深夜・早朝)

3階 国際線ターミナル出発ロビー
JAL ABC カウンター
営業時間:23:45 〜 6:30
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-22-13-56
haneda_img_02

グローバルWiFiは出発の3時間前から受け取れます。

出発の3時間以上前に行っても、準備ができていなくて、受け取れないこともありますので注意して下さいね。

6:30〜23:45以外の時間帯は3階 国際線ターミナル出発ロビーのJAL ABC カウンターで受け取ることができます。

スマートピックアップを活用しよう

グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像6
羽田空港では上記の受取カウンターに加えて、スマートピックアップというサービスがあります。

これは空港でカウンターに行って並ばなくても、2階 国際線ターミナル到着ロビー(地図下記)でグローバルWiFiを受け取れるというサービスです。

グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像4

このサービスを受けるには、事前にWebで申し込み、QRコード(二次元バーコード)をメールで受け取っておきます。

出発当日にスマートピックアップにQRコードをかざして開錠、グローバルWiFiを取り出すだけ、身分証の提示も必要もありません。

これはグローバルWiFiの利用に慣れた人にはとても便利ですね。

スマートピックアップで1つ注意することとしては、事前申し込みの際の受け取り時間帯の指定です。

自分が乗る便の出発時間ではなくて、受け取る時間を指定することになりますから、間違えないようにしましょう。

受取時間帯は次の中から選べます。

1部 ( 受取時間 6:30〜15:00 )

2部 ( 受取時間 18:00〜23:00 )

深夜便出発受取 ( 出発前日 21:00〜23:00 )

グローバルWiFiの羽田空港の返却カウンター詳細

帰国したら、その足で2階 国際線ターミナル到着ロビーの「受け取り・返却カウンター」(地図上記)へ向かって、グローバルWiFiを返却して下さい。

返却カウンター1

2階 国際線ターミナル到着ロビー
受取・返却カウンター
営業時間:6:30 〜23:45
グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像4
グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像5

23:45〜6:30の間に到着した場合は下記2階 国際線ターミナル到着ロビーのJAL ABC カウンター(地図下記)で返却ができます。

出発するとき(受取ができる)のJAL ABCカウンターと階が違いますから、注意して下さいね。

【返却カウンター2(深夜・早朝)】

2階 国際線ターミナル到着ロビー
JAL ABC カウンター
営業時間:23:45 〜 6:30
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-16-27-35
haneda_img_04

グローバルWiFiの羽田空港のカウンターでやることは?何日前までに申し込めばいい?

グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像7

カウンターに着いたら、グローバルWiFiを受け取るわけです。

列に並んで自分の番になったら、まず、カウンターにいる係の人に自分の名前を告げて、本人確認のできるパスポートや運転免許証等を提示しましょう。

この時に、Web申し込み時にグローバルWiFiから届く「申し込み確認メール」を手元に用意しておくと便利です。

ほとんどの場合は「申し込み確認メール」を必要とすることはないのですが、たまたま同姓同名の利用者がいたりすることがあります。

そんな時は、この確認メールの内容と番号を手掛かりに確認してもらった方が間違いがありませんし、話が早いですよ。

羽田空港の空港カウンターで受け取るためには、前日の15時までに申し込みをして下さい。スマートフォーンのリマインダーやカレンダーに、出発日1週間前に「グローバルWiFi申込期限!」と入れておきましょう!

当日申し込みはオススメしません

羽田空港ではグローバルWiFiを当日申し込むこともできますが、ルーターの在庫がない可能性があるので、公式サイトから事前に申し込みしておくことを強くオススメします。

また、現在グローバルWiFiでは現在、各国料金が大幅値下げ、受取手数料(540円)が無料、総額5%OFFという超お得なキャンペーン中。

当日申し込みだとキャンペーンが適用されないので、注意してください。

グローバルWiFiなら日本と同じようにネットできる

グローバルWiFiを利用するメリットは「(いつでもどこでも)日本と同じようにネットができる」に尽きると思います。

海外でネットする主な手段3つ

海外でネットする手段としては主に下記3つがあります。

  • 海外パケット定額
  • フリーWiFi
  • 海外WiFiレンタル

海外パケットは1日あたりの料金が2980円(ソフトバンクの場合)と費用が嵩むので候補から外れます。

残る海外 WiFi(グローバルWiFi)をメインとしてフリーWiFiをサブとして併用するのが、最も賢い海外でのネットの使い方です。

グローバルWiFiとフリーWiFiの違い

海外にもフリーWiFiという無料でインターネットが利用できるスポットが存在します。

グローバルWiFiとフリーWiFiはWiFiでインターネット接続する点では同じですが、下記のような違いがあります。

項目 グローバルWiFi フリーWiFi
料金 670円/日〜 無料
速度 4G LTE 高速通信
(専用回線)
ブロードバンド
(接続人数が多いと遅くなる)
容量 250MB~1GB/日 無制限
使える場所 どこでも
(現地回線が届く範囲)
限定的
(ルーターの電波が届く範囲)
セキュリティ 対策あり 対策なし

最も注目すべき点はグローバルWiFiはどこでも接続できるのに対して、フリーWiFiはスポットの近くでしか接続できないということです。

仮にフリーWiFi一本だと、ネット接続するためにフリーWiFiスポットに行かなければなりません。

慣れない海外でこれはとても面倒です。

ただし、海外WiFiは容量に制限があるので、ダウンロードや動画視聴などの容量が大きい用途はフリーWiFiで行い、それ以外の用途をグローバルWiFiで行うのがおすすめです。

移動中にグーグルMAPで場所を調べたり…
どこでも好きな時にSNSを投稿したり…
待ち合わせにLINEで連絡を取り合ったり…

グローバルWiFiがあれば、まさに日本にいる時と同じような感覚でネットすることができます。

受渡手数料540円無料&総額5%OFFキャンペーン中!

グローバルWiFiでは今ならなんと、受渡手数料540円が無料に!

しかも各国通信料金が200円/日値下げ&総額5%OFFのキャンペーン中。

例えば「台湾4GLTE大容量」で5日レンタルした場合、通常より1833円もお得に!

もはやこんなに値下げして大丈夫なのかと心配になってしまうレベル…。

キャンペーンはいつまで続くかわからないので、渡航が先でも出発日が決まっている人は、今のうちに申し込んでおくことを強くおすすめします!

レンタル申し込みは公式サイトで渡航情報とプラン名を入れて「WiFiレンタルお申し込み」ボタンをクリック。

グローバルWiF公式サイトで申し込む

※グローバル WiFiは安心の定額制
高額請求の心配なし!

グローバルWiFiとは?羽田空港で受取(返却)できて便利!

グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像3

グローバルWiFiは世界200以上の国と地域で使えるパケット定額制の海外WiFiレンタルサービス。

受取拠点の多さ(業界1位)、大容量・高速、安さが特徴です。

グローバルWiFiは出発前に羽田空港で受け取り、帰国後に羽田空港で返却することができます。

空港と自宅の行き帰りの時に手荷物が増えず、便利ですね!

グローバルWiFiの概要

項目 内容
アメリカ 970円/日(4G)
韓国 670円/日(4G)
中国 670円/日(3G)
970円/日(4G)
ハワイ 970円/日(4G)
台湾 670円/日(3G)
970円/日(4G)
タイ 670円/日(3G)
970円/日(4G)
香港 670円/日(4G)
グアム 970円/日(4G)
シンガポール 670円/日(3G)
970円/日(4G)
ドイツ 970円/日(3G)
1270円/日(4G)
容量 250MB/日
受取方法 空港、宅配、現地
受取手数料 540円
(空港、宅配、現地共に)
現地受取 540円
(ハワイ、韓国、台湾)
受取可能空港 旭川空港
新千歳空港
新潟空港
小松空港
成田空港
羽田空港
静岡空港
中部国際空港
伊丹空港
関西国際空港
博多港
福岡空港
宮崎空港
鹿児島空港(返却のみ)
那覇空港
返却方法 空港(無料)
宅配(実費負担)
現地(無料)
サポート 電話、LINE、Skype

 

グローバルWiFi受取時の注意点

グローバルWiFiの羽田空港のカウンターは当日受付できる?

グローバルWiFiを羽田で受取(返却)の画像8
by 梓設計

旅行前は準備でバタバタすると同時にワクワクして楽しいものですよね。

盛り上がり過ぎて、グローバルWiFiの申込期限をすっかり忘れてしまうことがあるかもしれません。

でも、あきらめないでください。

WEB申込期限終了後も、渡航先によっては空港カウンターで当日受付可能な時もあるのです。

空港に行ったら、まずは当日受付であることを話してみましょう。

渡航先のグローバルWiFiに空きがあれば、手配してもらえます。

もう1つ、空港へ行く前であっても電話で受付をしてくれることもあるので、グローバルWiFiに連絡をしてみて下さい。(フリーダイヤル:0120-510-670)

とはいっても、Web申し込みが確実なので強くおすすめします!

GWやお盆、年末年始は特に事前申し込み必須

GWお盆年末年始などの混雑する時期は特に、グローバルWiFiの事前申し込みをすることを強くオススメします。

羽田空港のカウンターはさほど広くない上に、その場でグローバルWiFiを申し込む人もおり、さらに外国人のお客さんもいるなど、なかなか列が進みません。

私は事前申し込みだったので、手続き自体はあっという間でしたが、行列には30分弱並んでいました。

口コミ 3G・通常の容量でも問題はなし

僕はフランスに行くのにグローバルWiFiを利用しましたが、料金の安い3G・通常の容量を選択しました。

僕はメールやウェブサイトの閲覧、LINEくらいしかしなかったので、特に問題はありませんでした。

ただし、ネットの速度は早ければ早いほどいいという人は「4G」、WiFiルーター1台を複数人で使う人、LINEやskypeの音声通話をする人は「大容量」・「超大容量」の利用をオススメします。

深夜、早朝のフライトでも受取・返却OK

私は、パリに行くのに夜出発する便を選択しました。

「こんなに遅い時間で、もしかしたらカウンターが閉まっちゃってるんじゃないか」とも考えましたが、国際線ターミナル到着ロビー2階の受取・返却カウンターは23:45まで営業していたので、余裕で受け取ることができました。

帰国する際には、早朝に羽田に到着する便だったのですが、その時には深夜・早朝専用のカウンターで返却をしました。

羽田空港国際線ターミナルの到着ロビー2階の「JAL ABC カウンター」で、23時45分~翌6時30分まで返却を受け付けてくれます。

受け取り時に具体的にやることは?


グローバルWiFiをレンタルした際にはまず、レンタル一式を確認します。

中には、グローバルWiFiのルーター本体の他、USBのコード、様々な国のプラグ形状に対応できる変換プラグ、説明書などが入っています。

グローバルWiFiのルーター本体には、IDとパスワードが書かれたシールが貼られています。

私は、「くれぐれもシールの取り扱いには注意してください」と、スタッフの方に念を押されました。

契約の内容をカウンターで確認をして、返却期日と場所を教えてくれます。
場所がよく分からなかったのでもう一度聞き返しましたが、地図を取り出して丁寧に教えてくれました。

「他に何かご不明な点はありますか?」と聞かれ、「全部解決しました」と言うと、これでレンタル手続きが完了です。

ちなみに受取手数料として540円かかるのですが、支払い方法はクレジットカードもしくは後払い(コンビニ・郵便局・銀行などから)です。

私は前払いで簡単なクレジットカード決済をしました。

グローバルWiFi返却時の注意点

返却は結構融通が利く

私が羽田空港に到着してグローバルWiFiを返却しようとすると、そこには結構な長蛇の列が。

返却で行列に並ぶのは結構きついなと思っていたら、カウンターの人が「返却のお客様ですか?」と聞いてきました。

「返却です」と答えると、「お預かりします」と言ってくれたので、グローバルWiFi一式を預けました。

スタッフの方は中身をチェックして、「こちらで返却大丈夫です」と言ってくれました。

貸し出す際にはこうはいかなくても、返却の時は結構融通が利くものです。

グローバルWiFiの空港以外の受取・返却方法

宅配便で受取・返却

受取・返却ができない空港から出発する場合や、国内線での乗り継ぎの都合上、空港受取りが難しい人は宅配便でもグローバルWiFiを受取・返却できます。

料金
受取:540円
返却:実費負担

申し込み期限
出発日3日前15時まで

返却期限
帰国日の当日発送

サポートデスク
電話番号: 0120-510-670(24時間受付)

現地で受取・返却

グローバルWiFiではハワイ・韓国・台湾なら現地で受取・返却が可能です。

ハワイでの受取・返却

受渡手数料
540円

場所
・グローバルWiFiワイキキオフィス(受取・返却)
・ホノルル国際空港(返却のみ)

申し込み期限
なし

返却期限
レンタル期間終了日

韓国での受取・返却

受渡手数料
540円

場所
・グローバルWiFiソウル明洞オフィス(受取・返却)
・空港鉄道ソウル駅(受取・返却)
・金浦国際空港(返却のみ)
・仁川国際空港(返却のみ)
・ソウル市内のみ(ホテルに配送可)

申し込み期限
前日18時

返却期限
レンタル期間終了日

台湾での受取・返却

受渡手数料
540円

場所
・台北松山国際空港(受取・返却)
・台北市内のみ(ホテルに配送可)

申し込み期限
2~4日前18時

返却期限
レンタル期間終了日

グローバルWiFiの口コミ・評判を知りたい方はこちら

グローバルWiF公式サイトで申し込む

↑受渡手数料540円無料&総額5%OFF中↑

【編集長の見解】グローバルWiFiのメリット・デメリット

グローバルWiFiを検討中の方へ
編集長がメリット・デメリットを
ぶっちゃけます。

【メリット】
サポートが手厚い

地方空港でも受取返却できる
現地でも受取返却できる

【デメリット】
料金が比較的高い

グローバルWiFiは唯一
24時間365日、TELだけでなく
LINEやskypeでもサポート
してくれます。

また受取拠点の数が、
業界最多
国内15空港はもちろん
韓国・台湾・ハワイでは
現地で受取れます!

総合的に見て…

グローバルWiFiは
編集長が最もオススメする
海外WiFiです!

グローバルWiFi公式サイトで申し込む