台湾好きが教える!台湾でおすすめのクレジットカードは?

台湾大好きライターのXです。

台湾には観光目的で何度も行っていますが、現地での支払いはほとんどクレジットカードを利用しています。

台湾はクレジットカード対応のお店が多いこともあり、現金は必要最低限しか持ち歩きません。

台湾に行く毎にクレジットカード対応のお店も増えていっている気がします。

この記事では、私の経験から台湾でのクレジットカード事情とおすすめのクレジットカードまでご紹介します!

ライターXの台湾旅データ

最新渡航時期:2016年3月
渡航目的:観光
訪問都市(全て):台北、高雄、新北
持って行ったクレジットカード:VISA、マスターカード、JCB各1枚

台湾のクレジットカード普及度は高い

前回の台湾旅行中は航空券の購入からレストランやホテルの支払いまで、ほぼクレジットカードで支払いを済ませることができました。

前回は10日間滞在しましたが、宿泊先ホテルはすべてクレジットカード払いにしましたし、食事の際にも現金を使わないといけなかったのは2回きりです。

そのため、現金も日本円にして3万円相当額程度しか持ち歩きませんでした。

安全という観点からも現金を持ち歩かなくて済むのは良いことだし、おすすめです。

しかし、台湾も主要都市から離れるにつれてクレジットカードに対応していないスポットも増えてきます。

例えば、バンジージャンプを台湾で体験したのですが、この際の利用料は現金払いしないといけませんでした。

他にも台湾でクレジットカード払いできないお店はチラホラあるものの、クレジットカード対応しているかどうかはお店の外観を見れば分かるようになってくるものです。

とはいえ、台北以外どこにも行かないという場合にはクレジットカードだけでほぼすべての用は足りると思います。

それくらい台北はクレジットカード対応しているお店が多いです。

台湾でのVISA、マスターカード、JCBの使える度は?

台湾ではVISAやマスターカードがかなり流通しています。

私は前回の台湾旅行に、VISA、マスターカード、JCBの3ブランドのクレジットカードを持って行きましたが、この中でも一番使えたのがVISAです。

VISAは出金手数料が安いATMが多くて何かと重宝します。

とはいえ、時にはVISAが使えないお店もあるのでマスターカードも重宝します。

私の台湾でのクレジットカード利用比率はVISA:マスターカード=9:1くらいです。

JCBのクレジットカードも持って行きましたが、こちらは前回旅行時には航空券購入時の一回きりしか使いませんでした。

正直、台湾旅行するならばVISAとマスターカードで事が足りるかと思います。

逆に、JCBのクレジットカードは対応していないATMも多く、JCBだけで台湾に行くとATMの利用からレストランの利用に至るまで何かと苦労するかもしれません。

台湾でクレジットカードが利用できないシーン

台湾でクレジットカードが利用できない場面に出くわしたことは何度かありました。

例えば、夜になると活気が出てくる屋台はクレジットカード対応していないところのほうが多いです。
他に、下町食堂もクレジットカード対応していないところが多いです。

台北であればクレジットカード対応しているかどうかは店頭に掲示してあるので、お店に入った後にクレジットカード対応していないことがわかって困るなんてことも少ないと思います。

これ以外にも高尾の骨董市でおみやげとして帽子を購入した際にもクレジットカード払いができませんでした。

とはいえ、クレジットカード対応しているお店も確実に増えてきているので、実際に旅行に行く際にはそこまで心配しなくても大丈夫だと思います。

台湾でキャッシング可能なATMの数

これは都市によって変わってきます。
台北だとキャッシング可能なATMはかなり多く、メインロードであれば数分歩く毎に何かしらATMが設置してあるスポットに出くわすものです。

そのため、台北滞在時に利用したい時にATMが近くになくて困ったなんてことはありませんでした。
新北も観光都市ということもあり台北と同じくらいに充実していますが、高雄は逆にATMが見つからない通りも多いです。

高雄は駅付近にはATMが設置しているところが多いものの、少し駅から離れるとATM数も一気に少なくなってきます。

台北や新北でもメインロードから離れてローカルなエリアを探索しているとATMがほとんどないというスポットもちらほらあります。

とはいえ、メインロードに戻ればATMは簡単に見つけられるのでそこまで困ったということはあまりありません。

台湾でおすすめのカードブランドの組み合わせと使い分けのコツ

台湾に行くならばやっぱりVISAとマスターカードの組み合わせが最適だと思います。

JCBは使えるところもあるものの、非対応のATMにけっこう出くわします。

実際、台湾にはVISAのクレジットカードを一枚持っていけば十分だと思いますが、マスターカードも持っていけば、対応していなくてATMが使えないなんてことがまずなくなってきます。

ホテルによってはマスターカードに対応していないなんてところもありますが、こうした場合にもVISAも併せてを持っていけば凌げます。

逆にJCBカードのみしか対応していないといったATMやホテルなどに台湾で出くわしたことはありません。

VISAとマスターカードのクレジットカードを2枚持っていけば、現地でお金を引き出したいなんて際にも便利です。

編集部おすすめ!
VISAとマスターカードが選べる三井住友カード公式サイトはこちら

はじめてクレジットカードを作る人へ


はじめてクレジットカードを
作る人に、
編集長がおすすめするなら、

三井住友VISAクラッシックカードA

入会資格 高校生を除く満18歳以上の方
年会費 税別1,500
ネット申し込みで初年度無料
/2年目以降も条件次第で無料
旅行保険 最高2,500万円(国内海外共に/自動付帯)
カード利用枠 10〜80万円
還元率 0.5%

三井住友カードと言えば、
日本人の6人に1人が持っている
定番クレジットカード。

僕もはじめてのクレジットカード
で作り今でも愛用しています。

年会費無料で持てるのに、
保険が自動付帯なのが
嬉しい。

何より、
最王手のVISA発行会社の
信頼感・ブランド力は、
はじめての1枚に最適です!

公式サイトはこちら