成田空港からミュンヘンまでの航空券の相場とルート5パターン

成田空港からミュンヘンまでの航空券の相場とルートの詳細を紹介します! 

 

ドイツ人と結婚し、現在ドイツ在住のコウキです!

 

成田空港からミュンヘンまでの航空券の相場

ミュンヘンはアジアから近い欧州における大きい国際空港を持つ都市になります。そのこともあり、美しい街並みと豊かな自然に囲まれたミュンヘン訪問を目的とした乗客のみならず、欧州各国へミュンヘンを乗り継いでさらに移動人々をミュンヘン空港では目の当たりにすることでしょう。

成田空港からミュンヘンまでは直行便が存在することはご存知でしょうか。乗り換えなしでミュンヘンへ到着する選択肢があるのは嬉しいですよね。

しかしながら直行便は比較的高い価格設定になっているので、価格を抑えた航空券でミュンヘンへ向かう場合はアジア系航空会社やドイツ以外の欧州の航空会社で一度は他の国を経由することになります。

エコノミークラスでの移動を前提として5タイプの成田空港からミュンヘンまでの往復ルートと各航空券の価格をご案内したいと思います。なお、価格は税・燃油サーチャージ込みの価格になります。

昨今油の価格自体が上がっていることから、購入時期によっては燃油サーチャージが2017年1月現在と比較し、さらに追徴される可能性があります。

 

成田空港からミュンヘンまでのルートと航空券1:中国国際航空(最安クラス)

・成田空港からミュンヘンまでのルート&値段1(最安クラス)

年間を通じて総じて一番安いのはアジア系の航空会社になります。中国、タイ等の経由が主となり、ストップオーバーできる航空券であればミュンヘンへ行く前に経由地を少し楽しんでからミュンヘンへ向かうことが出来ます。私自身は学生時代、時間は十分ありましたが、予算は限られていたことから下記ルートでミュンヘンへ向かいました。北京経由でしたので、北京でストップオーバーし、万里の長城や北京市内観光をした後にミュンヘンへ向かいました。

 

航空会社:中国国際航空
乗り継ぎ回数:1回 (経由地・北京)
移動時間:往復共に20時間前後
往復航空券価格:55,000円

 

成田空港からミュンヘンまでのルートと航空券2:エティハド航空

次に安いといわれているのが中東系の航空会社でしょう。カタール、ドバイ、アブダビ、トルコのいずれかを経由することになります。中東系の航空会社はサービスが素晴らしいので、エコノミークラスでも機上の旅を楽しむことは出来るでしょう。そしてもし、金銭的に余裕がある様であればビジネスクラスでの旅行を試してみて下さい。飛行機全部で飛行時間が20時間程でも充実したエンターテイメントにおいしい食事、広々としたシートと最初から最後まで機上で楽しむことが出来るでしょう。

 

航空会社:エティハド航空
乗り継ぎ回数:1回 (経由地・アブダビ)
移動時間:往復共に20時間前後
往復航空券価格:エコノミークラス57,000円
ビジネスクラスキャンペーン中の参考価格 200,000円

 

成田空港からミュンヘンまでのルートと航空券3:アエロフロート・ロシア航空

ロシア系航空会社であるアエロフロート・ロシア航空が10万円弱でモスクワを経由するにも関わらず、飛行時間が最も少ないルートになります。しかしながら、ロストラゲッジが頻発すると耳にすることが多い航空会社になりますので、預け荷物にしたスーツケースが仮に紛失することを想定し、後日到着になる可能性を考慮しておきましょう。手荷物には翌日の生活に支障が無い様当面の生活が出来る様に必需品を入れておくことをおすすめします。

 

航空会社:アエロフロート・ロシア航空
乗り継ぎ回数:1回 (経由地・モスクワ)
移動時間:往復共に17時間前後
往復航空券価格:65,000円

 

成田空港からミュンヘンまでのルートと航空券4:スカンジナビア航空

欧州系航空会社であるスカンジナビア航空会社を中心にヘルシンキやコペンハーゲン、スイス等へ飛び、そこからミュンヘンへ乗り継ぐことになります。なお、スカンジナビア航空はフライトキャンセルになることが多いので、旅慣れた方でないとキャンセルになった際の対応が難しいかもしれません。

 

航空会社:スカンジナビア航空
乗り継ぎ回数:1回 (経由地・コペンハーゲン)
移動時間:往復共に18時間前後
往復航空券価格:92,000円

 

成田空港からミュンヘンまでのルートと航空券5:全日空(ANA)・ルフトハンザドイツ航空

直行便がやはり一番高い価格になります。日系航空会社である一社のJALはミュンヘンへの直行便はありません。スターアライアンスグループのANAとドイツ系航空会社であるルフトハンザドイツ航空の同グループ2社運行となることで、2社共に常に似たり寄ったりの価格帯で販売しています。夏休みなどのハイシーズン時には200,000円近くなることもあります。価格が同じことから日本人はANAで予約をすることが多いので、日本で連休、夏休み、冬休みの時期にはANAがあっという間に満席になります。

 

航空会社:全日空(ANA)・ルフトハンザドイツ航空
乗り継ぎ回数:0回
移動時間:往復共に12時間前後
往復航空券価格:120,000円(税込み)

 

成田空港からミュンヘンまでのルートと航空券の補足

10時間以上もかかる日本とドイツ間の移動ですので、エコノミークラスのみに絞らず、最近出てきたプレミアムエコノミークラスでの旅も検討してみては如何でしょうか。

少しでも体を休められると旅先へ到着してから疲労困憊になることも避けられます。時期によってはビジネスクラスでもキャンペーンを実施している航空会社がありますので、長時間フライトを快適に乗り切るためにも是非ホームペーや旅行代理店で航空券価格を確認してみてください。

 

成田空港からミュンヘンまでの航空券のまとめ

日本とドイツどちらでも夏休み期間である7月、8月は満席の日が続き、需要と供給のバランスから年間を通じて最も航空券の価格が高くなる時期でしょう。

また、一番安くなる時期は冬休みが終った1月中旬頃から春休み前の3月頭頃になります。双方の国が観光には適さない冬という季節であることから乗客が少なくなるのが背景の様です。

 

ミュンヘンでおすすめのネット手段

ミュンヘンでのネット手段は海外WiFiがおすすめです!

ミュンヘンは比較的フリーWiFi環境が整っていますが、フリーWiFiには主に下記のデメリットがあります。

  • その場でしか使えない
  • セキュリティ面での不安
  • スピードが遅い(可能性がある)

なので、ミュンヘンではいつでもどこでもネットに繋がり、高速、セキュリティ万全の海外WiFiをレンタルしていきましょう!

編集部おすすめのグローバル WiFiなら、ドイツで970円/日〜レンタルできます!

グローバルWiF公式サイトで詳細を見る

↑今なら受取手数料540円無料&5%OFF↑

関連記事

ミュンヘンのタクシーの乗り方を徹底解説(料金と注意点も)

チケット購入時は要注意!ミュンヘンの電車の乗り方を徹底解説(料金も)

ミュンヘン国際空港からミュンヘン市内へのアクセス方法を完全解説

ミュンヘンのバスの乗り方を徹底解説(料金と注意点も)

ミュンヘンの1年分の天気と月ごとの服装アドバイス


ミュンヘンの屋外・室内の気温まるっと1年分(服装アドバイスも!)